2019年7月10日 11:00|ウーマンエキサイト

娘の「服選び」で大切にしたいと思ったこと【うちの家族、個性の塊です Vol.3】

SAKURA
ライター
SAKURA
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

■女の子らしい服が苦手だった過去

そんなとき…ふと昔のことを思い出しました。
私は小さいころ、男の子っぽい服が好きで、女の子らしいワンピーズが大嫌いでした。
母親から自分の趣味ではないフリフリの服を無理やり着せられて、嫌な思いをした記憶があったのです。

私は、あのときの母親と同じことをしているじゃないか~
ハッとしました。今私は、それと同じことをしている…。

それから私は娘の好みを聞き、冠婚葬祭や学校行事などで指定があるとき以外は、娘が着たいものを着せるようにしました。一緒に買い物に行けない時は、事前にどんな服がいいかなどデザイン色など詳しく聞くようにしました。

服を買いに行くときは、どんな服や色がいいかを確認うるように

服の好みも立派な個性
最近では、ファッションについて、「え?そうなの?」「へえ~、知らなかった」と娘から学ぶこともたくさんあります。

あと、何年かすれば、ファッションについて、私が娘にアドバイスを求めるようになりそうです(笑)

SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
SAKURA
SAKURAをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
SAKURA
SAKURAの更新通知が届きます!
フォロー中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.