2019年11月21日 09:00|ウーマンエキサイト

3人目を希望する旦那にイライラ。そんなとき娘がかけてくれた感動の言葉とは?【うちの家族、個性の塊です Vol.17】

SAKURA
ライター
SAKURA
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
うちの家族、個性の塊です

うちの家族、個性の塊です

夫と、娘(8歳)と、息子(2歳)の4人家族。広汎性発達障害と診断された長女と、夫、息子、私たち家族の面白おかしい日々を綴るコミックエッセイ。笑いとネタの絶えない毎日です。

夫婦での話し合いはいろいろありますが…「子どもを何人つくるか」というのも、そのうちのひとつではないでしょうか。

私たちは子どもが好きで、結婚前から「二人は欲しいよね!」と、話してきました。

そして私は、幸運にも、娘と息子、二人の子どもを産むことができました。

■私の中でひと段落! そう思っていた矢先…

私の中でひと段落! そう思っていた矢先…
私の中では、ひと段落! そう思っていたのですが…

3人目を希望する旦那にイライラ。そんなとき娘がかけてくれた感動の言葉とは?【うちの家族、個性の塊です Vol.17】
旦那は自分が3人兄弟というのもあって「あと一人、欲しいよね」と言い続けていました。

私は正直、健康な妊婦生活な方ではなかったし、お産もなんだかんだ大変でした。

陣痛やお産の痛みは、いまでも忘れておらず、想像すると恐怖!
陣痛やお産の痛みは、いまでも忘れておらず、想像すると恐怖!

「産んでよ」と言われて「いいよ~オッケーオッケー」なーんて、軽々しく言えるものではありません。

赤ちゃんはかわいいし、あと一人いたらもっと楽しいのかな~…なんて思うことはあるけれど、まだそんな気になれませんでした。

旦那は「もう一人いたら楽しいよ~なんとかなるよ~」と言い続けます
しかし、旦那は「もう一人いたら楽しいよ~なんとかなるよ~」と言い続けました。

妊娠中、出産時、あんなに苦しんだのを見ているのに…私の気持ちも考えずに気軽に言うな~とイライラして対応していました。

SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
SAKURA
SAKURAをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
SAKURA
SAKURAの更新通知が届きます!
フォロー中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.