子育て情報『今、子育て世代に移住が注目されています』

2016年6月30日 10:00

今、子育て世代に移住が注目されています

子どもを伸び伸び育てたい。家族の時間を増やしたい。そんな思いから、子育て世代にも地方移住が注目されています。移住を考える上で大切なことや、基本的な支援策をJOIN(一般社団法人移住・交流推進機構)に聞きました。

目次

・ここ数年で移住者数がぐっと増加しています
・「住まい」「子育て」「仕事」それぞれに充実した移住者支援があります
・「何だかいいな」と思えた場所が肌の合う地域です
・移住に関してよくある質問
・自治体の魅力と支援策を紹介
・栃木県那須塩原市
・茨城県つくばみらい市
・福井県
・奈良県奈良市
・大阪府千早赤阪村
・兵庫県川西市
・鳥取県
・広島県東広島市
・秋田県
・愛媛県松山市
・福岡県


今、子育て世代に移住が注目されています


お話を聞いたのは:成清雅人さん・坂東彩加さん
JOIN(一般社団法人 移住・交流推進機構)では地方自治体と連携して、移住を考えている人に向け、インターネットで情報提供を行っています。移住に役立つ情報やイベント、移住相談会の情報などがチェックできます。http://www.iju-join.jp

ここ数年で移住者数がぐっと増加しています

今、子育て世代に移住が注目されています


「これまではシニア世代のイメージが強かった『移住』ですが、最近では子育て世代にも関心が持たれるようになりました」と、JOINの成清さんと坂東さんは言います。
「地方は人口減少が進んでおり、各自治体は人口流出対策の他、移住者を呼び込む施策に積極的に取り組んでいます。そのため、ここ数年で移住者数はぐっと増加しています。特に、住まい・子育て・仕事に対する支援は、自治体ごとに創意工夫がなされています」
しかし、いざ「移住」を考えるとなると、住む所や仕事はどうするの?という疑問が…。そうしたことに答えられるよう、各自治体では相談窓口を設けたり、移住支援サイトを開設しています。
自然の中で子育てができること、また、働き方を変えることにより、家族と過ごす時間が増やせることなどが、子育て世代が感じている移住の魅力だそうです。

「住まい」「子育て」「仕事」それぞれに充実した移住者支援があります

住まいの家賃補助、出産祝い金や保育料無償化、起業者への助成金など、移住者には自治体が手厚い支援を行っています。ただ「移住したら◯◯が無料になる」という理由だけで移住先を決めるのはおすすめしていないそうです。
「住む以上はお金以外の魅力がないと長続きしないし、支援制度は変わる場合もあります。あくまで参考にとどめた方がいいでしょう」

「何だかいいな」と思えた場所が肌の合う地域です

今、子育て世代に移住が注目されています
移住先を選ぶ上で一番大事なのは「実際に訪れて、いい雰囲気を感じられること」と坂東さん。その上で、「実際に住む」視点を持つのがポイントだそうです。
「車ではなく公共交通機関で行くと、電車が1時間に3本しかないなどの不便に気付けます。雪国なら、雪かきを体験したり、冬のドライバー研修ができることもあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.