子育て情報『ウワサのオンライン英会話、その成果は?iTalk English、DMM英会話をやってみた』

2017年6月4日 12:29

ウワサのオンライン英会話、その成果は?iTalk English、DMM英会話をやってみた

このところあちこちで話題にのぼる、オンライン英会話。海外に住む“講師”から、無料通話サービスのスカイプを利用して英会話のレッスンを受けられるというもので、自宅にいながらにして毎日でも英語を学ぶことができるサービスです。驚くほど安いので気になるけれど、本当に効果があるのか、すこぶる疑問。以前『小4男子が3カ月で英検5級、6か月で4級合格!限られた予算でエーペラに』で紹介した家庭学習ブロガーなかやまさんも、英検対策用にオンライン英会話を活用しているので、そのノウハウと利点を教えてもらいました。

目次

・まずは無料お試しで感覚をつかむ
・講師のバラエティでDMM英会話に転校
・共通の話題でめきめき上達!話したい意欲を刺激
・オンライン英会話で得たもの


001_001_image1

学校に行く前、帰宅後とだいたい決まった時間にオンライン英会話で学習。大好きなセルビア人講師とはいつも話がはずむ(写真:なかやまさん提供)

まずは無料お試しで感覚をつかむ

小さいうちから英会話に触れさせておきたいけれど、教室に通わせるのは送り迎えも大変だし、なによりも子どもがちゃんとやってくれるかどうか、わからない…、いろいろ考えてつい後回しになっていませんか?そんな問題をすべて払拭できるのがオンライン英会話。なにしろ、オンライン英会話を始めるにあたり、必要なのはインターネット環境だけという手軽さ。PCやタブレットなどに無料通話サービスのスカイプをダウンロードしておけば、すぐにでも始めることができます。スカイプさえ使える環境であれば自宅であろうが公園であろうが、どこでも英会話レッスンが可能なうえ、規定にもよりますがキャンセルをしても振替が可能なので、ムダなくレッスンを受けることができるのが大きな特長。こうしたサービスを提供する会社はたくさんあって、中でもキッズ英語が受けられるとして有名なのは「レアジョブ英会話(以下レアジョブ)」「DMM英会話(以下DMM)」「iTalk Enlish(以下iTalk)」などでしょう。料金の安さをアピールする会社が多く、それも大きな魅力となっています。では、どの“スクール”がいいのでしょう。

この3つの会社を料金で比べてみると、どれも1日25分間のスタンダードプランで1か月、レアジョブが6264円、DMMが5500円、アイトークが6372円(すべて税込みの価格)となっています。入会金や教材費などが必要なく、毎日レッスンをちゃんと受けた場合、1回のレッスン料金は200円未満となるという激安ぶり。特徴としては、DMM以外のスクールは講師が全員フィリピン人であるということだけです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.