子育て情報『子どもとも楽しめる!アイスコーヒーの淹れかたをプロに習いました』

2018年6月20日 12:29

子どもとも楽しめる!アイスコーヒーの淹れかたをプロに習いました

蒸し暑い日が続くこの季節。家事や仕事の合間にアイスコーヒーが飲みたくなります。運動会やバーベキューの差し入れに持っていっても「デキる!」と喜ばれそう。
川崎市にある「cafe Denim」「Denim bis」のオーナー・善恭子さんにおいしいアイスコーヒーの淹れかたを教えてもらいました。

コーヒー豆は、ロースト加減で大きく味が変わる

まずはコーヒー豆について。
コーヒーは豆のロースト加減によって味が大きく変化するのだそう。7通りの焙煎の具合があり、「浅煎り」は酸味が強く軽い味わい。「深煎り」になるほど酸味がなくなり、甘み・苦味が出てきます。コーヒーにこだわりのある人は、季節や時間に応じてロースト加減を替えるのだとか。

目次

・コーヒー豆は、ロースト加減で大きく味が変わる
・ペーパーに湯通し。ひと手間で味が変わる!
・子どもと楽しむコーヒーのアレンジ


OLYMPUS DIGITAL CAMERA


豆から選ぶというと敷居が高いような気がしますが、「好みを教えていただければオススメの豆やローストレベルを提案しますので、気負わずいらしてください」と善さん。専門店やプロに相談しながら、自分にピッタリのコーヒーを探すのも楽しそうです。

購入したコーヒー豆(ミルでひいていないもの)は常温保管できますが、真夏は冷蔵庫に入れるのがベター。粉にしたものはその瞬間から酸化が始まるので冷凍庫で保管します。

ペーパーに湯通し。ひと手間で味が変わる!

「フレンチプレス、サイフォン、水出しなどさまざまな淹れかたがありますが、オススメは断然ハンドドリップ。コツさえつかめば香り高いコーヒーが自宅で淹れられるようになります」。

【ハンドドリップでのコーヒーの淹れ方】

1. ペーパーフィルターをドリッパーにセットし、ペーパーフィルターにお湯を通す。このひと手間でペーパーの紙臭さが取れ、サーバーなどの道具も温まります。ホットコーヒーの時は必須。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


2. お湯を捨ててから粉を量って入れ、平らにする。粉は1人分12gが目安。粉を平らにしないとお湯が注ぎづらく、エグミ・雑味・味ムラの原因になります。粉を平らにするときはドリッパーを揺らして。指で平らにするのは厳禁!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


3. まずは蒸らし。中央から粉粉全体にお湯をさします。この時に大事なのがポット。細くゆっくりお湯を回せるよう、細口のものがオススメ。急須でも代用できます。白い泡が出てきたらゆっくり“の”の字を書き、一度注湯を止める。するとハンバーグのように粉がふくらみます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


OLYMPUS DIGITAL CAMERA


4. 20秒程度蒸らしたら、また中央から注湯をはじめます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.