子育て情報『ストライダーレースで成長!2歳の息子と親の体験記』

2018年10月2日 11:40

ストライダーレースで成長!2歳の息子と親の体験記

ストライダーをご存知ですか?
ストライダーとはペダルなし二輪車で、足で地面を蹴って進む新しいコンセプトのキッズバイク。ストライダーはペダルがなく、超軽量設計のため1歳半~3歳の子どもでも自由にコントロールすることができ、バランス感覚を養うのに有効な玩具としても有名。
最近では2歳の誕生日プレゼントといったら「ストライダー」という話をよく耳にするほど。
わが家の息子も、2歳の誕生日にじぃじとばぁばからもらったプレゼントがストライダー。保育園へ行く途中の自転車屋さんで毎日指差していたストライダーが、自分のモノになったことがとてもうれしそう。

目次

・全国各地で開催されているストライダーレース
・初めて参加!ストライダーカップ体験談
・家族それぞれのストーリー


全国各地で開催されているストライダーレース

ストライダーは初心者からベテランまで、みんなが楽しめるイベントがオールシーズン開催されていることもうれしいポイント。
たくさんのイベントが開催されている中、私がおすすめするのはストライダーレース!
「ストライダーワールドチャンピオンシップ」、「ストライダーカップ」、「ストライダーエンジョイカップ」、「スノーストライダー」などのレースイベントが全国各地で開催されている。

初めて参加!ストライダーカップ体験談

わが家も購入後ストライダーカップにエントリー。
すぐに練習を始めるつもりが…あいにくの雨続き。
ようやく最初の一歩が出て、前に進めるようになったのはレース3日前のことだった。

大会当日はこれまでの天気がうそのように気持ち良い天気。息子もやる気満々で受付をした。
しかしコースを見て私たちは驚愕した。なんと下り坂からのスタート。さらに後半にはパンプ(でこぼこ道)まである。
ゼッケンへ「目指せ!完走ーッ!!」と書いたもののこの時点で完走は難しいと確信した。
練習走行している時、ヨチヨチ進む息子の横にいたスタッフの方へ「こんな感じなのですが、ご迷惑になってしまうから本番は出ない方がよいですよね?」と声をかけると、「私はMCなのですが、全員が完走する最後まで全力で応援し続けますのでぜひとも頑張ってください!」と温かい笑顔で応援してくれた。

さて本番。パパとスタートラインに立った息子はやる気に満ちあふれていた。選手紹介で名前を呼ばれると、小さなカラダを上下に揺らしながら両手を上げてアピール。1位でゴールしてしまいそうな気迫さえ感じられた。「レディセットゴーッ!」の掛け声でレースは始まった。
みんなが下り坂をものすごい勢いでかけおりる中、息子はゆっくり1歩ずつ進み始めた。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.