子育て情報『コーヒーかす、捨てるなんてもったいない!実はこんなに優秀』

2019年2月11日 11:30

コーヒーかす、捨てるなんてもったいない!実はこんなに優秀

ドリップコーヒーを飲んだあとに残るコーヒーかすを、そのまま捨てているという方は多いのではないでしょうか。コーヒーかすは、消臭や肥料、虫除けなどさまざまに利用できます。そこで、私のおすすめの活用法を紹介します。

消臭剤としての活用法

コーヒーかすには消臭効果があると言われています。靴箱や冷蔵庫など家の中でニオイが気になる場所で活用しましょう。

・消臭剤としての活用法
・虫除けや肥料として活用する方法
コーヒーかすを消臭剤として使う前にひとつだけ気をつけたいことが。コーヒーかすを消臭剤として仕様するときには、乾燥させてから使う場合と湿った状態で使う場合があります。
例えば、靴箱の消臭剤として使う場合は乾燥させてから使います。湿ったまま置いてしまうとカビが発生してしまうことがあるので、新聞紙の上に広げてしっかり乾燥させてから使うようにしましょう。

電子レンジのニオイ消し
料理したあとのニオイが残りやすい電子レンジ。深めのお皿に湿った状態のコーヒーかすを入れて、様子を見ながら約1分あたためるだけでニオイが取れます!スプーンでときどき混ぜながらあたためれば、コーヒーかすがしっかり乾燥されて他の場所でも活用できます。

魚焼きグリルのニオイ消し
魚焼きグリルの受け皿に湿ったコーヒーかすを敷いて、加熱して様子を見ながら乾燥するまで待ちます。それだけで、魚のニオイがスッキリ取れて、パンを焼いても気にならないほどに。(水を入れるタイプのグリルでも同じ方法になります)

フライパンのニオイ消し
魚やお肉を焼いたあとフライパンに残るニオイ。洗ったあとのフライパンに、湿ったコーヒーかすを入れて乾燥するまで熱を加えれば次の調理にニオイが移りません!

冷蔵庫のニオイ消し

湿ったコーヒーかすをカップなどに入れてそのまま冷蔵庫に入れるだけで、消臭効果が。1~2日で入れ替えるようにしましょう。

トイレの消臭

湿ったコーヒーかすを小さめのお皿に入れて置いておくだけでOK。ただし、湿ったコーヒーかすはカビが生えやすいのでこまめに替えることが必要です。それがめんどうなら、乾燥させたコーヒーかすをお皿に入れて置いておきましょう。

靴箱や靴の消臭

しっかり乾燥させたコーヒーかすをフィルターに入れて、しっかり口を閉じて靴箱の中に置いておくだけ。直接靴の中に入れるのもおすすめです!

虫除けや肥料として活用する方法

コーヒーかすの活用法は、消臭だけではありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.