子育て情報『焼肉が変わる!子どもの食いつきが見違えるワザ』

2019年3月20日 11:30

焼肉が変わる!子どもの食いつきが見違えるワザ

春休みが始まり、家族や友達と集まることも多いこの時期。自宅で焼き肉をする機会も増えるのでは?せっかくの焼き肉、おいしく楽しく食べたいですよね。
そこで今回は、いつものおうち焼き肉をもっとおいしく楽しむワザを紹介します。

いつものお肉がやわらかくジューシーに!下準備はこの3つ!

・お肉は常温スタート!

目次

・いつものお肉がやわらかくジューシーに!下準備はこの3つ!
・野菜ももっと食べてほしい
・実践した結果、わが家は…?

お肉を焼き始める30分~1時間前に冷蔵庫から取り出し、常温にしておきます。冷凍していたお肉の場合は、中までしっかり解凍しておきます。こうすることで、お肉の焼きすぎにより固くなってしまうのを防げます。

・お肉の繊維を壊す
焼肉が変わる!子どもの食いつきが見違えるワザ

肉たたきや、100均にある肉用ローラーを使い、「筋っぽい」「噛み切れない」の原因となる繊維を壊します。包丁で格子状に切れ目を入れるのも◯

・タレを揉み込んで漬けておく
焼肉が変わる!子どもの食いつきが見違えるワザ

お好みの焼き肉のタレとお肉をあらかじめビニール袋に入れ、よく揉んでなじませておきます。味がしっかりつくのもメリットですし、タレに含まれることの多いニンニク・ショウガ・リンゴ・タマネギ・酒などにはお肉をやわらかくする効果があります。

野菜ももっと食べてほしい

お肉を漬け込んだタレに、カットした焼き野菜をなじませます。お肉をいれていたタレの袋のままで揉み込むと、片づけもラク。
オススメはキャベツやニンジン、ナス、ピーマン。子どもがなかなかすすんで食べないものこそ、味と香りをつけてあげることで食べやすくなります。

実践した結果、わが家は…?

焼肉が変わる!子どもの食いつきが見違えるワザ


もともと焼き肉が好きな家族でしたが、上記のポイントを実践した結果、さらに大好きに!
メリットはこんなにありました。

〈子ども〉
・お肉が噛み切りやすくなることで、「おぇっ」とノドに詰まらせることがなくなった
・お肉の筋っぽさがなくなることで、「歯に詰まるから食べない」がなくなった
・野菜にしっかり味と香りがつくことで、野菜も積極的に食べるようになった

〈パパ・ママ〉
・タレのつけすぎがなくなり、減塩効果アリ
・子どもがタレをこぼすことがなくなり、気分が楽に
・タレ用の食器が減って洗いものが減る

いかがでしょうか?奮発して高い肉を買わなくても、ちょっと手間をかけるだけでお家の焼き肉はびっくりするくらいおいしくなります!おいしく、手軽に、おうち焼き肉をもっともっと楽しみませんか?

<文・写真:フリーランス記者ゆかダコ>

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.