子育て情報『夫婦のイライラ、おひとり様ルール導入でどう変わった!?』

2019年6月19日 17:30

夫婦のイライラ、おひとり様ルール導入でどう変わった!?

目次

・イライラの原因は、もしかして「ひとりでリフレッシュする時間がない」から?
・「1か月に1回、2時間のおひとり様タイムを作る」ルールを導入
・夫婦の笑顔は、明るい家族を作ることを実感!
夫婦のイライラ、おひとり様ルール導入でどう変わった!?

子育てをしていると、精神的にドッと疲れが出ることもありますよね。私には子どもが3人いますが、特に子どもたちが未就園児の時には、突然涙が止まらなくなることがよくありました。

そんなわが家で、夫婦ともに気持ちをリフレッシュさせるために導入したのが、「週末おひとり様タイム」です。

イライラの原因は、もしかして「ひとりでリフレッシュする時間がない」から?

子育てをしていると、どんなに時間があっても足りないと感じます。

子どもたちの安全を第一に考え、気が張り詰める日々。次から次へとやってくる家事と育児。子どもたちから「ママ―!」と呼ばれるたびに、そのときやろうとしていたことを中断して対応。そんなこんなであっという間に1日は終了。夜は子どもとそのまま寝落ちしてしまうというパターンも多いです。
夫は平日は仕事で忙しく、「家事や育児にもっと協力してくれてもいいのに!」とイライラが募ることも。

そんな時、ふと、「なんで私はこんなにイライラしているんだろう?」と、その原因を考えてみることにしました。人ぞれぞれ回答は違うと思いますが、私の場合は「独身時代のようにひとりでリフレッシュする時間がない」ということに行きつきました。
自分の生活が子ども中心になるので、「自分のペースで何かをする」という機会がほとんどなかったのです。

もちろん、家族のことは大好きですが、それでも「たまにはひとりでゆっくりしたい」と思うように。

「1か月に1回、2時間のおひとり様タイムを作る」ルールを導入

夫婦でこのことについて話し合ってみました。すると、夫自身も同じような点でストレスを感じていたと分かりました。
そのため、わが家では、夫婦それぞれが1か月に1回、2時間のおひとり様タイムを作ることにしました。

これは1人目の子どもが4か月の時から実践しているのですが、なぜ2時間で設定したかというと、
・子どもの授乳の間隔を見計らうと、2時間がちょうどよかった
・2時間あれば、自分のやりたいことが比較的何でもできる
・2時間程度なら、ママがいなくても子どもが泣かない
という点からです。

なお、もしその月におひとり様タイムを使う機会がなかった場合、翌月に合算して使える仕組みも導入しています。利用したい日にちが決まったら、最低でも2週間前には家族に伝えるようにしています。もし日にちがかぶってしまった時は早い者勝ちなので、なんだかんだで1か月以上前には日にちを決めていることが多いです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.