子育て情報『子どものひとりで着替え問題が解決!押さえるポイント3つ』

2020年1月20日 17:30

子どものひとりで着替え問題が解決!押さえるポイント3つ

今年の春から、いよいよ幼稚園生になる3歳の次男。集団生活が始まる前に、そろそろひとりで登園の準備ができるよう、マスターしておきたいところです。
3歳になると、ひとりでできるようになったこともたくさんありますが、わが家の場合、なかなか自分でやろうとしないのが“着替え”でした。着替え嫌いな次男に、私が実践して効果的だった工夫や対策を紹介します。

着替えの苦手ポイントを発見することが、第一歩!

3歳になり、自分の意志がはっきりしてきた次男。自分のやりたいことや、できることは積極的に取り組むようになりましたが、着替えに関しては、自分でやろうとしませんでした。

目次

・着替えの苦手ポイントを発見することが、第一歩!
・苦手ポイント①前後左右が逆になる現象
・苦手ポイント②ボタンのかけ外し
・着替えはワンセットにまとめると、よりスムーズに!

長男の登園時間というタイムリミットに迫られるため、いつまでも待っているわけにもいかず、結局上から下まですべて私が着替えさせてしまう毎日。

あと数か月後に入園を控え、そろそろひとりで着替えられるようにしておかなくてはと焦りを感じました。
そこで、次男の着替えを観察してみると、苦手意識からやる気や自信をなくしている様子。苦手なポイントを2つ把握できたため、克服に挑戦してみました。

苦手ポイント①前後左右が逆になる現象

2~3歳の子どもの着替えで、あるあるなのが、シャツやズボンの前後ろや、靴の左右が逆になること。逆になってしまうと、せっかく着たものを脱がなくてはいけなくなり、子どものやる気がなくなってしまう可能性があります。
そうならないためには、事前に逆にならないような対策をとっておくことが大切。まずは、「ひとりでも着られるんだ!」という自信をつけてあげるのが、第一歩としておすすめな方法です。

【対策】
・トップスは、前にデザインがあるものを選ぶようにします。デザインがないものは、ワッペンなどの目印をつけるとよいです
・ズボンは、前にボタンつきのものを、または、後ろにポケットがあるものを選ぶようにします
・靴は中敷きに絵合わせシールなど、左右がわかる目印をつけます。100均で販売されている「シールネームテープ」(※アイロン不要のタイプ)にイラストを描き、手作りすることも可能です

子どものひとりで着替え問題が解決!押さえるポイント3つ


苦手ポイント②ボタンのかけ外し

多くの子どもが苦戦する「ボタンをかける・外す」ことは、次男にとって、1番の苦戦ポイントでした。ボタンつきの洋服のときは、はじめは挑戦するのですが、できないのがイヤになり、途中で放棄してしまうことも…。

【対策】
・子どもの小さな指でもつまみやすい大きなボタンから練習すること。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.