子育て情報『まだご飯にのせてるだけ?子どもが喜ぶ5つの納豆アレンジレシピ』

2020年3月26日 11:20

まだご飯にのせてるだけ?子どもが喜ぶ5つの納豆アレンジレシピ

国民食とも言える納豆。みなさんはどうやって食べていますか?
納豆ごはんが一般的だと思いますが、わが家の娘たちはそのまま納豆を食べると途中で飽きてしまって…。
そこで、納豆をアレンジした料理をつくったところ、これが大好評。
今回は、納豆をそのまま食べるのに飽きてしまった人や苦手な人でもついつい手が出るアレンジレシピを紹介します。

粉なしでふんわり軽い「キャベツ納豆のお好み焼き風」

目次

・粉なしでふんわり軽い「キャベツ納豆のお好み焼き風」
・ゴマ油の風味がポイント「納豆モヤシの塩昆布和え」
・柴漬け、韓国のりのコラボ「レタスと納豆のさっぱりパリパリサラダ」
・すっぱさががクセになる「メカブ納豆のねばねば和え梅風味」
・ホッとするトロトロ感「納豆とオクラのあっさりスープ」
・納豆アレンジレシピで食卓をさらに楽しく♪
まだご飯にのせてるだけ?子どもが喜ぶ5つの納豆アレンジレシピ


【材料】
・納豆1パック
・千切りキャベツ200g
・卵2個
・切り餅2個
・お好み焼きソース、マヨネーズ、カツオ節、青のり、サラダ油適量

【作り方】
1.納豆(タレも)、千切りキャベツ、卵、1cm角に切った餅をボウルで混ぜる
2.サラダ油を熱したフライパンに、お好みの大きさにひろげ、両面を焼く
3.ソース、マヨネーズ、カツオ節、青のりをトッピングしたら完成

お好み焼き風ですが、納豆、餅、卵がつなぎになっていて、粉は使わずに焼くことができます。ふんわりモチモチで、とても食べやすいですよ。

ゴマ油の風味がポイント「納豆モヤシの塩昆布和え」

まだご飯にのせてるだけ?子どもが喜ぶ5つの納豆アレンジレシピ


【材料】
・納豆1パック
・モヤシ1袋
・塩昆布、白ごま、小ネギ、ゴマ油、麺つゆ適量

【作り方】
1.モヤシを耐熱容器に入れラップをし、500wで3分間熱し、冷ましたらよく絞って水気を切る
2.ボウルにモヤシ、納豆(タレも)を入れ、混ぜる
3. 塩昆布、白ゴマ、小ネギをお好みの量入れ、ゴマ油をひとたらし入れる
4.味見をして、足りない分を麺つゆで調整したら完成

モヤシを電子レンジで加熱するので、火を使わずに簡単にできます。塩昆布を入れる量で塩気が変わってくるので、少しずつ足しながらお好みの味を見つけてください。ゴマ油の香りが食欲をそそります。

柴漬け、韓国のりのコラボ「レタスと納豆のさっぱりパリパリサラダ」

まだご飯にのせてるだけ?子どもが喜ぶ5つの納豆アレンジレシピ


【材料】
・納豆1パック
・ちぎりレタス1/2個
・柴漬け100g
・韓国のり、白ごま、マヨネーズ、しょうゆ適量

【作り方】
1.ちぎりレタスと納豆(タレも)、柴漬け、マヨネーズをよく和える
2.韓国のり、白ごまを好きなだけ入れ、しょうゆで味を調えたら完成

ささっと簡単にできるさっぱりサラダです。柴漬けがほんのりすっぱく、しょうゆマヨに韓国のりの香りがマッチします。
レタスのシャキシャキに、納豆と柴漬けの食感がアクセントになり、食が進みます。柴漬けを梅干しにチェンジしても◎。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.