子育て情報『これって小1あるある?幼稚園時代とは違いすぎる』

2020年3月30日 11:20

これって小1あるある?幼稚園時代とは違いすぎる

目次

・ランドセルの色が違うから一緒に帰れない!?
・最初の友達づくりがうまくいかず…
・集中攻撃などのいじわるが遊びに
・子どもの個性で合う合わないが出てくる
・どこまで一人で行動させるかが家庭次第
これって小1あるある?幼稚園時代とは違いすぎる


子どもの行動や交友関係を親が認識しやすい幼稚園時代。それに比べ、小学校に入学すると、クラスの友達や保護者と直接面識がないなど、今までとは違うことが増えます。
あんふぁんWebのアンケートで「小学1年生の子ども同士のトラブル」について聞いたところ、友達関係や遊び方など、「幼稚園時代とは違うと感じた」という声が寄せられました。今回は5つの事例とそれぞれの対応を紹介します。

ランドセルの色が違うから一緒に帰れない!?

・どんなトラブル?
娘が家の方向が同じ友達に、「一緒に帰ろう」と声をかけると、「〇〇ちゃんはランドセルの色が違うからダメ」と断られたそう。友達3人はたまたま同じキャメルのランドセルで、娘は赤いランドセルでした。一人で泣きながら帰ってきたので、事情を聞いたら、話してくれました。

・どう対応しましたか?
自分も子どものころ、友達同士で共通点を見つけるとうれしくなり、仲間意識が芽生えたことがよくありました。その友達も、娘を仲間外れにしたかったのではなく、同じ色のランドセルという共通点がうれしくて、そんな発言をしたのだと思います。
その旨を分かりやすく、娘に伝えたうえで、「あなたは何も悪くない」「悲しかったけれど、しかえしをしてやろうなどと思わないこと」を話して聞かせました。
担任の先生にも「こんなことがありました~」程度に伝えたところ、「どんなことが仲間外れになるのか」「一人で下校するのは危ないこと」という話をクラス全体にしてくださいました。
その後は、みんなで仲良く下校してくるようになりました。

・親として感じたことは
わが子が悲しい思いをしていたら、親としては解決してあげたいし、泣かせた友達を叱りたい気持ちにもなります。でも子どもがいくつになってもそうやって親がトラブルを解決してあげるわけにはいきません。
その悲しみがどんなに理不尽なことが原因だったとしても、成長していくうえで必要な経験です。
また子どもには子どもの世界があるため、よほどのことでない限り、親がなんでもかんでも介入するのはご法度だと思います。
大事なのは、子どもの話を聞いてあげること。そして共感してあげることだと思いました。
(あささん/28歳)

最初の友達づくりがうまくいかず…

・どんなトラブル?
いろいろな幼稚園や保育園から集まってくる小学校。最初の友達づくりがうまくいかず、なかなか友達の輪に入れなかったようです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.