子育て情報『小4息子が作ったおまかせランチがママの想像を超えてきた!』

2020年4月17日 11:20

小4息子が作ったおまかせランチがママの想像を超えてきた!

全国で休校が相次ぎ、大人も子どももいつもとは違う生活スタイルがスタートしました。
子どもたちの長い休み、しかも外出を控えなければいけないとなると、どのように毎日を過ごしたらよいのか悩みます。

まわりのママ友やパパ友に子どもと一緒にどう過ごしているか聞いてみると、「勉強」や「読書」、「ゲーム」に「マンション内の散歩」などそれぞれ。
その中に「うちでは朝食を作ってもらっているよ。親もラクしたいしね!」という意見が。
さっそく、わが家でも取り入れ、小学4年生の息子に自分が食べたい朝食を作ってもらうことにしました。

私は朝食用に野菜をたっぷり入れたスープや具だくさんのみそ汁を作っておくので、息子の作業としてはトースターでパンを焼いたり、ごはんを温めて、おにぎりを作る程度ですが、やってみると意外と楽しい様子。
「今度は一人でランチを作ってみたい!」というので、おまかせしてランチを作ってもらうことにしました。

「時短レシピ簡単」のキーワードで検索

息子はスマートフォンを使い慣れているので、「時短レシピ簡単」のキーワードを入れて検索し、料理の画像とレシピ名を見ながら簡単でおいしそうなレシピを選ぶそうです。
レシピが決まったら、親子で材料の確認をし、「ホールトマトがないけどカットトマトで代用できるね」「野菜が少ないから玉ねぎのみじん切りを入れてみたら良いかも」など、話し合いながら、足りない材料の代替えや自分好みのレシピにするための調整をします。
ちなみに今回、息子が選んだレシピは「トマトチーズリゾット」です。

目次

・「時短レシピ簡単」のキーワードで検索
・お手伝いだけでは覚えてなかったキッチンのあれこれ
・やっとランチ作りがスタート!
・15分で完成するはずが最初は2時間!でも今は…


小4息子が作ったおまかせランチがママの想像を超えてきた!


お手伝いだけでは覚えてなかったキッチンのあれこれ

準備が整ったので、さぁ作ってもらおう!と思ったのですが、作り始めてわずか数10秒で「〇〇はどこにあるの~?」と質問の嵐。
たまにお手伝いはしてくれますが、いざ一人で作るとなると、調理器具や調味料の場所が分からなくなるとのこと。
それならばと、「包丁の持ち方」「ガスのつけ方」「スケールの使い方」「大さじと小さじの計量」「計量カップの使い方」「食材の洗い方と切り方」など料理の基本を再度教えながら、レシピに必要な器具や材料を一緒に準備しました。

私は料理講師をしていて、幼稚園児や小学生に料理を教えることもありますが、その際は常に先回りをしながら子どもをフォローし、とにかくケガがないことを最優先に考えます。でも、わが子には「少しくらいのケガもまた勉強!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.