子育て情報『引っ越し先で子どもを最優先にしたら自分を見失った!?「らしさ」を取り戻すには』

2020年5月28日 11:20

引っ越し先で子どもを最優先にしたら自分を見失った!?「らしさ」を取り戻すには

小さい頃から、父の仕事の都合で数年に一度は転校していた私。
「生活環境の変化には慣れている」と自負していたのですが、結婚後、わが子とともに新しい環境で暮らすというのは、自分が想像した以上に緊張感のある日々だったよう。
子どもを最優先に考えるあまり、気がつけば普段の自分を見失っていて…。
今回の記事では、夫の転勤で私の身に起こった変化と、その変化を自分らしく乗り切るために実践したことを紹介します。

目次

・「引越しはお手の物!」だと思っていたのに
・家族との引越しは、やることがたくさん
・自分の性格が180度変わった?
・自分がワクワクすることを探してみようと思い立って
・趣味の語学学習から広がる世界
・家族はもちろん、自分“も“大切に


引っ越し先で子どもを最優先にしたら自分を見失った!?「らしさ」を取り戻すには


「引越しはお手の物!」だと思っていたのに

私は、父の仕事の都合で、生まれてから成人するまで、8回の引越しを経験しました。およそ2~3年に一度のペースで転居したことになります。
幼稚園2園、小学校3校、中学校2校に通ったため、「私は環境変化に強い」ほうだと自負していました。
しかし、自分が「親」側になって初めて経験した「夫の転勤」で、その考えは一変しました。

家族との引越しは、やることがたくさん

結婚当初から、夫は転勤は避けられない職種だということは分かっていました。そして、「私には引越し経験が十分あるし、特に困ることもないだろう」と考えていました。
そんなわが家に初めて転居を伴う転勤話が舞い込んできたのは、娘が3歳になる頃。
当時は私も仕事をしており、娘は保育園に通っていました。
そのため、まずは転居予定のエリアの保育園に空きがあるのか、私も転居後に仕事を継続できるのかを確認することから、準備を始めました。
数週間かけて保育園をいくつか見学し、転園できる目途が立ちました。また、仕事も短時間勤務などを活用しながら継続できることになりました。

この大きな山を越えた後は、転居に伴うやるべきこと(住居探し、電気・ガス・水道・電話などの手続き、引っ越し業者の手配、荷物の整理整頓など)をリスト化し、1つ1つこなしていきました。
そして、いざ引越し。ここまでは自分の予想を裏切ることなく、やることが多いながらも順調に進んでいったのですが…。

自分の性格が180度変わった?

転居後の心配事の大部分は、「娘の生活環境が大きく変わること」でした。
新しい住まい、新しい保育園。小さな娘には大きな変化です。
どうにかスムーズに溶け込んでほしいという思いから、私はまわりの保護者とうまくやっていくことを最優先しました。少しの摩擦も起こさないようにと意識したのは、「余計なことはこちらから言わない」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.