子育て情報『娘のかんしゃくで通報され警察が!近所との関係の重要性を痛感した話』

2020年8月14日 11:20

娘のかんしゃくで通報され警察が!近所との関係の重要性を痛感した話

小さな子どもと暮らしていると、子どもの声や走りまわる音、親の叱る声など、騒がしさと無縁ではいられません。
でも周囲との関係性がきちんとしていれば、それが問題になることは少ないのではないかと思います。

娘が3歳のころ、夜に突然警察がやってくるという経験をしたわが家。
お風呂で泣きわめく娘の声を聞いた近所の人が通報したようなのですが、とても衝撃的なできごとでした。
今回はショックだった通報の一件から、私が学んだことをお話しします。

目次

・娘のかんしゃくにお手上げの日々
・まわりにどんな人がいるのかもわからない環境で…
・お風呂場で泣き叫ぶ娘、その後やってきたのは…
・虐待を疑われたショックと悲しみ
・子どもがいるからこそ、まわりに配慮することの重要性


娘のかんしゃくで通報され警察が!近所との関係の重要性を痛感した話

娘のかんしゃくにお手上げの日々

それは娘が幼稚園に通い始めて3か月ほど経った頃のことでした。
娘は幼稚園が大好きで、楽しく通っていましたが、朝は少し機嫌が悪いことも。
幼稚園までは毎日徒歩で登園していたのですが、子どもの足で徒歩20分ほどかかったので、年少の娘にとっては大変だったのでしょう。よく途中でパタっと止まって動かなくなったり、道路に大の字になって寝そべりダダをこねることがありました。
通りがかりの人や工事作業員の人に何度も笑われました。当時生後3~4か月の息子を連れながら、娘も背負って幼稚園まで送ることもあり、毎日とても気が重かった記憶があります。

娘は、登園時だけでなく、少しのことで機嫌を損ね、度を越すと何を言っても聞かなくなり、鼓膜が破れそうなほどの奇声を上げて大声で泣き叫ぶこともありました。時には吐きそうになるほど泣くことも。とにかく思い通りになるまでひたすら泣きわめいていました。
もしかしたら2人目が生まれてから赤ちゃん返りしていたのかもしれません。
そんな娘のかんしゃくに、私はぐったり…何をしてもどうにもならず、落ち着くまで、静かに見守りながら放っておくこともありました。

まわりにどんな人がいるのかもわからない環境で…

私たち家族が住んでいたのは、単身者ばかりが住んでいた小さなアパートでした。
転勤先から東京へ戻ることになり、当時2歳の娘を連れて半月という短期間にやっと見つけた物件でした。
その辺りの土地勘がまったくない、部屋はとても狭い、壁は薄いなど、子育てには不向きでしたが、落ち着いたら新しい家を探すために、期間限定で住むことを決めました。
引越し当初、隣接する部屋には何度か挨拶に行ったものの、会えたのは大家さんのみで、アパート住人には会えずじまい。そのため、アパートにどんな人が住んでいるのかはさっぱりわかりませんでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.