子育て情報『「みかんの皮」は捨てないで!料理や掃除に7つの活用法』

2021年1月22日 11:20

「みかんの皮」は捨てないで!料理や掃除に7つの活用法

みかんを食べたときに、皮をそのまま捨ててはいませんか?みかんは、実だけではなく皮にも栄養がたっぷりあります。また、みかんの皮にはクエン酸が含まれているので掃除でも大活躍するんですよ!
そこで今回は、家で簡単に実践できるみかんの皮の活用法を紹介します。

漢方として用いられている陳皮

目次

・漢方として用いられている陳皮
・みかんの皮のきんぴら
・油性ペンや水垢にも!掃除に活用
・レンジや魚焼きグリルのにおい消し
・肥料として活用
「みかんの皮」は捨てないで!料理や掃除に7つの活用法


みかんの皮がカラカラになるまで天日干ししたものを陳皮(ちんぴ)といい、漢方などでもよく使われています。細かく刻んだものを薬味にしたり、お茶に入れたりして使います。細かく砕いて、クッキーやケーキを焼くときに入れるとみかんのよい香りがします。

【陳皮の材料】
みかんの皮・・・2~3個分(何個でも可)

【作り方】
1.みかんの皮を水で洗いキッチンペーパーなどで水気が残らないように拭き取る
2.ざるのうえにみかんの皮をのせてカラカラになるまで約1週間くらい天日干しする(日の当たる室内に置いておいてもOK)
3.2を包丁で細かく刻み、瓶やタッパーに入れて保存する

みかんの皮のきんぴら

「みかんの皮」は捨てないで!料理や掃除に7つの活用法


一度食べたらクセになる!みかんの香りが、きんぴらのよいアクセントになります。

【材料】
・みかんの皮・・・1~2個分
・ごぼう・・・1本
・砂糖・・・大さじ1
・みりん・・・大さじ1
・しょうゆ・・・大さじ1

【作り方】
1.ごぼうの皮をむき千切りに、みかんの皮は水で洗いヘタの部分を取り除き、千切りにする
2.熱したフライパンに油をひいて、ごぼうを炒めてしんなりしてきたらみかんの皮も一緒に炒める
3.2に火が通ったら砂糖、しょうゆ、みりんを入れて調味料がなじむまで炒め合わせたら完成

油性ペンや水垢にも!掃除に活用

「みかんの皮」は捨てないで!料理や掃除に7つの活用法


油性ペンの汚れはみかんの皮の外側で擦れば、書かれた素材により効果は異なりますが簡単に落とすことができます。
また、水道の蛇口の汚れや鏡にこびりついた水垢もみかんの皮で擦ればきれいになります。

レンジや魚焼きグリルのにおい消し

「みかんの皮」は捨てないで!料理や掃除に7つの活用法
【みかんの皮でレンジの中のにおい消しと掃除】
1.みかん1個分の皮を耐熱皿にのせて600wで1分温めます
2.1のみかんの皮の外側の部分でレンジ内の汚れているところを擦る(みかんの皮が熱かったら冷めるまで少し待つかゴム手袋をして行ってください)
3.最後に、布巾などで仕上げ拭きをして終了

レンジ内の消臭だけを行いたい場合は、みかんを温めるだけでOK。お菓子を焼いた後にこれをするだけで、バターのにおいも簡単に消えます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.