子育て情報『子どもにいつから?何を?どう教える? お金のハナシ』

2021年1月14日 11:00

子どもにいつから?何を?どう教える? お金のハナシ

子どもにお金のことを教えたことがありますか?
「こんな小さいうちから必要?」「そもそもきちんと教えられるかしら」というママたちへ。
幼児期のマネー教育について、キッズマネースクールで講師を務める太田伸子さんに聞きました。

子どもにいつから?何を?どう教える? お金のハナシ


イラスト/杉浦さやか

子どもにいつから?何を?どう教える? お金のハナシ


■太田伸子さん
キッズマネースクール(一般社団法人日本こどもの生き抜く力育成協会)理事、認定講師。
前職の銀行員時代、息子へのマネー教育をきっかけにキッズマネースクールの活動に参加。
イベントやセミナーを通じて、日本各地で親子の金銭教育普及に取り組んでいる。

あんふぁんママに聞きました

子どもにいつから?何を?どう教える? お金のハナシ


子どもにいつから?何を?どう教える? お金のハナシ


幼児にマネー教育って必要なの?
「マネー教育って言われても…」と困惑する人もいるでしょう。
まずは幼児のマネー教育の必要性や、教え始めるタイミングについて紹介します。
文部科学省も力を入れる「お金の教養」。
アメリカやオーストラリア、香港などでは、子どもたちが楽しみながら理解できるように、ボードゲームや課外学習など、授業の中にマネー教育が組み込まれています。
日本も諸外国に後れを取らないために、金融庁や文部科学省がお金の教育に力を入れ始めています。
日本のマネー教育が遅れているのは、昔はお金の知識がなくても、郵便局や銀行に預けておくだけでお金が増えたから。
さらに、日本には「お金は汚いもの」「お金の話をするのは下品」とする風潮もありました。
でも今は金利0・001%の時代。貯蓄では物価上昇率に対応できず、実質「損」をしている人もいると聞きます。
これからの時代、年金や社会保障制度だけで暮らすのは難しいのかもしれません。
未来を生きる子どもが暮らしていくために、「お金の教養」は必須なのです。
お金の意味や大切さ、管理の方法、使い方、稼ぎ方、ため方、増やし方…。幼児期から親がお金について教えていくことは、そうした教養の最初の一歩になります。

「買って!」が始まったらマネー教育をスタート
マネー教育は「何歳から」と区切れるものではありません。買い物に行ったとき、お菓子やおもちゃを「買って!」とねだるようになったら、「お店のものはお金を払って買わなければ、自分のものにならない」と理解できている証拠。
お金の価値や大切さを伝え始めるタイミングです。
例えば100円のおもちゃをねだるときも、「100円ならいいか」ではなく、そのおもちゃが本当に欲しいのか、大事にするのか、しっかり考えさせましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.