子育て情報『毎日カップ麺や冷凍食品。悩みながらも手を打てなかった娘の偏食に今変化の兆しが表れて…!』

2017年12月5日 11:00

毎日カップ麺や冷凍食品。悩みながらも手を打てなかった娘の偏食に今変化の兆しが表れて…!


食事にこだわりがある娘との生活

毎日カップ麺や冷凍食品。悩みながらも手を打てなかった娘の偏食に今変化の兆しが表れて…!の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161001370

物心がつくころから娘は味覚が鋭く、食事にとてもこだわりを持っていました。私が作る料理も「これはイヤ」と一度言い出したら決して食べません。

こんな場合の常套手段である「ちょっとだけ食べさせて大げさにほめる」とか「細かくして他の料理に混ぜる」ということは思いつきはしたものの、実行には移せずじまい。

私自身がアスペルガー症候群で、演技のようなやり取りが苦手だったり、料理を上手にこなすことができなかったりしたことも関係していると思います。

娘は、スーパーのお惣菜を「薬品臭いにおいがする」「独特な味がしてイヤ」と受け付けないので、私は手抜きもできなくて常にイライラ。逆に、気に入った食材、たとえばお餅などは、1週間くらい食べ続けてみたり、また突然食べなくなったりといった調子で、どうしたらいいのかわからず、正直疲れ切っていました。

保育所に通うようになってからは、給食で栄養バランスが少しでも良くなればと気が楽になっていたのですが、小学校2年生からは不登校になって食事の管理がぜんぶ親にかかってくることになりました。

自分の食事も3食作れない私にとって、娘の栄養バランスを考えることは荷が重すぎて、それだけでイライラ・憂うつな気持ちでいっぱいでした。それに加えて不登校ならではの独特な問題が出てくるようになったのです。


娘の昼夜逆転生活。その食事はというと…

毎日カップ麺や冷凍食品。悩みながらも手を打てなかった娘の偏食に今変化の兆しが表れて…!の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174010611

不登校になった子どもたちは心身ともに疲れ切っているうえに、学校に行けない自分を責めて、みんなが活動的に過ごす昼間に起きていることを苦痛に感じるようになるケースがよく見られるといいます。

それゆえ昼夜逆転の生活になることが多く、食事をとることにも意欲がなくなり、好きなものしか口にしなくなったり、まったく食べなくなったりすることもしばしばあるそうです。娘も例にもれずきちんとした食事はしなくなり、カップ麺や冷凍食品、コンビニで売られているスパゲティやたこ焼き、レトルトハンバーグばかりを欲しがるようになりました。

初めのうちは私も「好きなものばかり偏って食べていて大丈夫なのかな?」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.