子育て情報『火事場のバカ正直!犬猿の仲の先輩と遭遇したADHD息子が、思わずとった行動とは…!?』

2018年3月8日 11:55

火事場のバカ正直!犬猿の仲の先輩と遭遇したADHD息子が、思わずとった行動とは…!?


リュウ太、火事に遭遇する!

火事場のバカ正直!犬猿の仲の先輩と遭遇したADHD息子が、思わずとった行動とは…!?の画像

Upload By かなしろにゃんこ。

息子リュウ太が中学3年生のころのこと。目前に迫った受験に向けて塾通いしていた、冬のある夜のことです。

塾からの帰り道、住宅街から煙が立ち昇っているのを発見したリュウ太。「火事かな~?それともフライパンでも激しく焦がしたのかな~?」と眺めていると、突然ドカン!という爆発音が。その音とともに窓ガラスが割れ、勢いよく煙が噴き出してきたのです。

「火事だ!」リュウ太は慌てました。


火事だ、通報しなきゃ!通報をお願いした高校生が、実は…

火事場のバカ正直!犬猿の仲の先輩と遭遇したADHD息子が、思わずとった行動とは…!?の画像

Upload By かなしろにゃんこ。

火事に遭遇したリュウ太。「通報しなくちゃ!」と思ったけれど、いつもは塾に持参している母の携帯電話を「今日に限って持ってねーしー(汗)」

「あわわわ…誰かに通報を頼まなきゃ」と辺りを見渡したものの、こんなときに限って夜の静かな住宅街には誰もおらず。

どうしよう…?とオタオタしていると、男子高校生が自転車でこちらに向かってくるのが見えました。「高校生なら携帯電話を持っているはず!」と考えたリュウ太は、「あのー、火事なんです!通報をお願いします!!」と頼みました。高校生は、火事に驚きながらも、すぐに消防署に通報してくれてました。

ところがです!その高校生をよく見ると、なんと一番会いたくなかったお人!テニス部の元部長ではないですか~。


犬猿の仲だった元部長に、2年越しの「すいませんでした」

火事場のバカ正直!犬猿の仲の先輩と遭遇したADHD息子が、思わずとった行動とは…!?の画像

Upload By かなしろにゃんこ。

中学1年生のころ、リュウ太はテニス部に入っていました。でも、根っからの怠惰野郎ですから、みんなが一生懸命に朝練に取り組んでいてもリュウ太だけは「寝坊」ということで朝練をサボり続け、3年生の部長からお叱りを受けることが、たびたびありました。

「仕方ないだろ、起きられなんだから」というのがリュウ太の言い分ですが、頑張っている子からしたら「テニスなめてんじゃねーぞ」という態度に他なりません。
「ワザと起きなかったわけではないのだから許される。ワザとじゃなかったらいいだろう!」という自分ルールがあるものですから、「真面目にやれ!」と説得する部長と、話がかみ合うわけもなく…。

しまいには「オレより少し早く生まれてきただけで威張らないでほしいね」と言い出すリュウ太…自由奔放すぎです。ちなみにこの自分ルールは、ADHDの特性というよりは、軽度の自閉スペクトラム症の特性からくるものではないかな~?と、母は思っています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.