子育て情報『くも膜下出血の後遺症に悩むLD息子。障害と向き合うために選択した「アンサー」とは…!?』

くも膜下出血の後遺症に悩むLD息子。障害と向き合うために選択した「アンサー」とは…!?

2018年3月13日 16:40
 


突然襲ってくる、負の感情の波に翻弄されるリク

関連リンク

・障害のある子もない子も「混ざって遊べる居場所」にーー放課後等デイ・ジュニアサポートリンク
・夫がくれる「◯◯しておいで」の自由時間 vs 妻が本当に望むもの
・【おしゃれ大好き♡編】「すくコム 子育てフォト川柳」応募作品を紹介します!
くも膜下出血の後遺症に悩むLD息子。障害と向き合うために選択した「アンサー」とは…!?の画像

Upload By ひらたともみ

少し前のことですが、高校が決まりつつある頃、リクはまた独り、うつうつとした感情の渦の中にいました。

時々、なにかに取りつかれたように、不平不満を吐き出すのは体調のせい。突然、ケガした際に接触した同級生を逆恨みしだすことも…!いつもは恨んだりしていないのに、急に負の感情の大きな波に襲われてしまうのです。

頻繁にある激しい頭痛と疲労感からか、リクは寝言でまで「どうしてこんな体になっちゃったんだ…」と言うほどでした。

くも膜下出血の後遺症に悩むLD息子。障害と向き合うために選択した「アンサー」とは…!?の画像

Upload By ひらたともみ

中学も残すところ1カ月…というとき、リクの周りの友だちは、目の色を変えて受験に取り組んでいました。

親から期待され、塾で喝を入れられ、目指すものに近づこうと、皆、必死の形相です。そんな時期だというのに、リクは、早々に受験勉強ができなくなり、思っていた未来に向かう切符すら手にいれることができなくなりました。

イライラするのは後遺症のせいだとわかっていても、口からでてくる悪態は、本心ではなく、なにかスッと別人格に取りつかれてしまう瞬間があるようです。でも、少し時間が経つと、憑きものが取れたかのように「自分はなにを言ってしまったのだろう」と自己嫌悪を繰り返す日々。

「自分の言葉で、周りの人たちは傷ついたり怒ったりしている?おかしい、変だ、なんだ?こいつらなんで怒ってるんだ?」と、自分の放つ言葉や態度に不安を感じていたのです。


心のモヤモヤを学校の先生に打ち明ける…「みんなに僕の後遺症を知ってほしいんだ!」

くも膜下出血の後遺症に悩むLD息子。障害と向き合うために選択した「アンサー」とは…!?の画像

Upload By ひらたともみ

くも膜下出血の後遺症に悩むLD息子。障害と向き合うために選択した「アンサー」とは…!?の画像

Upload By ひらたともみ

病気や障害に、なんら恥ずかしいことはないと思ってはいるものの、思春期の受験真っ只中で、周囲に公表するのはどうだろうか…迷惑ではないだろうか…と、私ひとりで躊躇していたのですが、リクは誰にも促されることなく、ストレートに「知ってほしい」と学校に告げました。


「ありのままの自分を受け入れてもらえる」ことが、リクの心の支えに

くも膜下出血の後遺症に悩むLD息子。障害と向き合うために選択した「アンサー」とは…!?の画像

Upload By ひらたともみ

くも膜下出血の後遺症に悩むLD息子。障害と向き合うために選択した「アンサー」とは…!?の画像

Upload By ひらたともみ

くも膜下出血の後遺症に悩むLD息子。障害と向き合うために選択した「アンサー」とは…!?の画像

Upload By ひらたともみ

さて、後遺症を公表したリクですが…リクの言う通り、なにも変わっていない様子です。嫌悪されることも特別扱いもなく、「今まで通り」でいてくれています。

つまりそれはリクの言う「本心ではないことを言ってしまうこともある」という特性をわかってくれているんだと思います。リク自身、後遺症があることをすべて受け入れられているわけではありません。でも、どんなに嘆いても体の状態が変わるわけではない…。そんな自分を丸ごと認めてもらえる友達の存在が、リクを支えています。

友だちに、ありのままのリク受け入れてもらえている…それが、母としても、心からうれしいのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.