子育て情報『【新刊紹介】一人暮らしや学習サポート、食生活まで。発達凸凹のある人と家族の新生活を支える本を紹介!』

【新刊紹介】一人暮らしや学習サポート、食生活まで。発達凸凹のある人と家族の新生活を支える本を紹介!

2018年4月1日 11:55
 


新生活のスタート、あなたの背中を押してくれる新刊を紹介!

4月、新しい環境に移ったり、学校や職場で新たな出会いがあったり…ワクワクもする一方で、ちょっとドキドキ、そんな季節ですね。

今回は、楽しく一歩を踏み出すためにあなたの背中を押してくれる一冊、勉強や仕事のコツを伝え、あなたの不安を解消する手助けになってくれる一冊など、新生活のスタートにぴったりな新刊情報をお届けします。


偏食との向き合い方は!?『手作り弁当は、ママから発達障害の娘へのラブレター』

自閉症スペクトラム障害がある長女の偏食に向き合ったブログが多くの人に読まれ、共感された桜井奈々さんの子育てエッセイです。

「どうして食べてくれないの?」お弁当づくりに悩む保護者は少なくないのではないでしょうか。この本の著者である桜井さんもその一人でした。幼稚園では、お弁当に手をつけなかったり、お昼の時間内に食べきれないという日が続きます。小学生になり、給食を食べられるようになった背景には、お友だちの配慮や本人の努力がありました。

お弁当を通して繰り広げられる親子のやりとりとともに、子どもの成長記録が綴られています。

食べてもらうためにさまざまな工夫を凝らし、彩りやにもこだわった可愛らしいお弁当の写真は見ているだけでも楽しくなります。「撃沈」「痛み分け」「大勝利」と、長女の反応もユーモアを込めて紹介されています。気に入った料理を連日食べ続ける長女に合わせた家族用のおかずアレンジ法などもあり、生活に取り入れられそうなアイディアが盛り込まれています。(発行:2018年3月17日)


親子で一緒に取り組めるワークシート『イラストでわかる子どもの認知行動療法: 困ったときの解決スキル36』

同志社大学教授で臨床心理士の石川信一先生が手がけた子どもたちに向けたワークシートです。

感情がストレートに行動に出てしまうことで、周囲との人間関係でつまづいてしまうことがあります。この本では、子どもたちにイライラしたり嫌だなと思う気持ちは「あっていいんだよ」と認めながら、認知行動療法によって行動をコントロールしていくための考え方を育みます。

「じぶんの気持ちをじぶんでコントロールしてみよう」という章から始まり、学校の授業や休み時間、掃除の時間などさまざまな場面について、その時の感情と行動について考えられるようになっています。子どもが自ら経験して学んでいく過程を大切にするためにも、大人も一緒に読みたい一冊です。

認知行動療法は、医療現場を中心に普及しつつありますが、その一方で、教育の現場に生かせる本はまだ多くはありません。この本は、子どもに語りかけるような優しい言葉遣いでまとめられていて、子ども一人でも取り組めることがコンセプトにされています。親子で一緒に書き込んだり、大人が聞き取りしながら進めていくこともできそうです。(発行:2018年2月18日)


英単語勉強は暗記だけじゃない『読み書きが苦手な子どものための英単語指導ワーク (特別支援教育サポートBOOKS」』

神戸山手短期大学准教授で英語教科の特別支援やユニバーサルデザインの啓発活動に取り組む村上加代子先生の著書です。

学習障害(LD)のある子どもたちを対象にした「チャレンジ教室」を主催する村上先生が、小学生から高校生までのLDの子どもたちに実際に指導して効果が見られた「音から文字へ」落とし込むという暗記に頼らない勉強の指導方法についてまとめています。学校向けの指導ノウハウについてのシリーズを展開している出版社が手がけている専門性の高い本です。

こちらは、小学校高学年から中学校くらいまでの「アルファベットはわかるけど、英語の単語の読み書きに苦手がある」子どもたちを想定して書かれています。今後は、小学校でも教科として英語が導入され、低学年から英語に触れる機会も増えるのではないでしょうか。英語の勉強は単語がわからなければその先になかなか進めません。苦手を克服できないままでいると、授業がつらくなり、後に進路の選択肢を狭めることにつながってしまうことも。

教員向けの本なので、専門用語もみられますが、小文字のアルファベットの指導法からスタートするので、これから英語を学ぶ子どもたちの備えとしても取り入れられるかもしれません。(発行:2018年2月8日)


進学!就職!親元を離れたあなたに。『ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本』

言語聴覚士であり、自閉症スペクトラム障害の当事者でもある村上由美さんが自身の経験も踏まえて専門的な視点からわかりやすく解説します。

この本では、ADHD、ADD、ASD、LDという代表的な発達障害に対して、進学や就職などで親元を離れた時に身につけたいスキルを紹介。章ごとに時間管理やお金の悩み、コミュニケーションの問題などの「あるある」という困りごとを取り上げ、イラストや写真を添えて解決策を提案しています。

例えば、「物をどこに置けばいいかわからない」という項目では、使用頻度で置き場所を決めるべき物の例をグループ別にイラストで掲載。さらには、具体的なアイテムの使用実例を写真で紹介してあり、取り入れやすい工夫がされています。

当事者や家族はもちろん、身近な人が「もしかしたら発達障害かも?」と思う人にとっても、何をどう手助けしたらというヒントになる具体的な解説が盛りだくさんです。(発行:2018年3月14日)


家族や同僚に気になる人がいるという方にも『〈大人の発達障害〉アスペルガー症候群・ADHDを解決するコツがわかる本』

社会人向けには、アメリカでADHDの研究に取り組んだ後、発達障害専門の司馬クリニック院長・司馬理英子さんの著書。

アスペルガー症候群とADHDそれぞれの特徴と違いを踏まえて、より良いコミュニケーションについての教科書的な本です。会話をするときの相手との距離や目線の位置、要点を抑えた話の順番など詳細に解説してくれています。電話対応やメールの送り方、会議や打ち合わせの基本など、ビジネスシーンについて取り扱っているページが多いので、会社勤めをしている人などは、特に参考になりそうです。

また、「ADHDの妻を支える妻・夫を支える方法」という項目もあります。なんでも言える相手だからこそ、うまくいかないことに対して、「なんで?」とつい責めてしまうこともあるかもしれません。本人は家庭のことや仕事がうまくできなく落ち込んでしまう時もあるでしょう。つまづきがちなことができるようになるためのちょっとした工夫や、ほっとする声かけを知っておくと、自宅が安心して過ごせる場所になります。(発行:2018年2月15日)


夢中になれることにとことん!『はじめアルゴリズム(2)』

計算に夢中になる小学校5年生の「関口ハジメ」が繰り広げる数学をテーマにしたコミックです。

自然豊かな島で育つハジメは、独学で自由な発想のもと、難解な数式を作り出しては解くことに夢中になっていました。同じ島出身の老数学者・内田豊が天才的なハジメの才能に惚れ込んだことから物語が展開されていきます。かつて、数字に執着して会話が成り立たないこともあったハジメに不安を感じていた母親も、ハジメの好きなことを思う存分に伸ばせる環境へと背中を押します。内田が暮らす京都移り住み、本格的に数学を学ぶ道に進んでいきます。

2巻では、京都に移り住んでからのストーリーが始まります。

柔らかなタッチで描かれる絵にも癒されます。興味やできることに波がある子も、「得意」をうんと伸ばしてあげられるような周囲のサポートでのびのびと過ごせるようになることも多くあります。子どもの「できること」に目を向けた環境づくりの大切さを感じさせてくれます。(発行:2018年2月23日)


まとめ

子どもから大人まで参考になる、新しい生活が始まる4月に読んでみたい本を紹介しました。

専門用語が出てくるものもありますが、どの本もイラストや図で丁寧にわかりやすく解説されています。実際に今、困りごとがある人、不安がある人だけでなく、「発達障害の人はどんなことで困っているの?」「家族の人が抱える悩みってどんなことがあるの?」と気になっている人にも読んでもらいたい本ばかりです。

ちょっと大変なことがあっても、「きっと大丈夫」と勇気をくれる本と出合って、この春からの生活を楽しんで過ごしましょう!

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.