子育て情報『「うちの子のためだけじゃない!」後に続く親子のために、あえてパパが学校に伝えたこと』

「うちの子のためだけじゃない!」後に続く親子のために、あえてパパが学校に伝えたこと

2018年5月16日 14:00
 


「正直、もう学校と波風立てたくない…」そんな私に喝を入れたパパの一言

8月。進級問題に悩んだわが家でしたが、無事、主治医の先生から診断書を受け取り、学校に提出しました。

次年度からの特別支援学級希望の手続きに移り、ようやく終わりが見えてきた時…

主人が「最後にこっちの気持ちを話すから、先生に時間取ってもらって」と、担任の先生との面談を希望しました。

「こっちがモヤモヤする思いは伝えないとダメ。それを先生たちがどうとらえるかは、わからないけど、 こういうことは言ってほしくない…ってことは伝えるべき」 と言う主人に私は、「え!言うの!? 波風立てないようにして!うまくやっていきたいもん!」 と猛反対。

それを聞いた主人は呆れながら「あのなぁ…そういう問題じゃないの!これからあーさんのような子がきっと入学してくる。 その子たちのため、その子たちの親のためにも…言わなきゃいけないこともある。 俺たちがもうこれでいいから、いいや! 波風立てないように…じゃないんだぞ?俺たちが通った道は、後から通る人のために、少しでも歩きやすくするのが俺たちの役目だ!」と言いました。

関連リンク

・自閉症の息子の言葉が消えた─。絶望する母の気持ちを支えた医師の一言
・見知らぬ女の子がカムに突然のハグ!?立場が逆になって気づいた、息子の行動の真実とは…!?
・Eテレ:「ちゃんと知りたい!子どもの発達障害」すくすく子育て×ウワサの保護者会 が5月26日放送
「うちの子のためだけじゃない!」後に続く親子のために、あえてパパが学校に伝えたことの画像

Upload By SAKURA

この時、私は主人の思いに胸をうたれました。同時に、自分のことしか考えてなかった自分が、とても恥ずかしくなりました。「嫌なら、俺だけでもいいよ?」と主人は言ってくれましたが、その思いに、納得した私は腹を決めました。

そして、進級問題最後の面談に向かったのです。


私の代わりに学校に伝えてくれた、モヤモヤするけど言いにくい気持ち

面談では初め、担任の先生、同席した養護の先生から、決定事項の確認や次年度の説明がありました。

話が終わると主人は、 「僕たちから、ちょっとお話してもいいですか?」 と言い、落ち着いた口調で、それでいてストレートに、今まで私が学校に対して思っていたことを話していきました。

「夏休みの宿題の件ですが…やる前から、 "やらなくてもいい"というのは言わないでほしかったです。良かれと思っての気持ちも分かりますし、気にかけてもらってありがたいのですが…母親が頑張って必死にやってくれていますから、今のところ大丈夫です。 本当にできなかったときに、こちらから言いますので、その時は甘えさせてください」などと、私たちが今までモヤモヤしたこと、疑問に思っていたことを一つひとつ丁寧に伝えていきました。

そして、最後に…「これから、発達障害のある子は増えていくと思います。今のクラスの子たちもきっと、中学、高校と進学して大人になっていく過程で、必ず出会うと思います。その時、あぁ、そういえば小学校の時にいたな?って、僕たちが今大人になって思うように思い出す。

娘が、同級生たちの…経験の一つになれば嬉しいです。 娘は本当に純粋ないい子です。 あの子の良さを尊重しつつ、社会に出ていけるような状態にするのが、 僕たち親の役目だと思っています。

先生もたくさんの子どもたちを一人で見られて、 本当に大変と思いますが、残りの1年生の間と、特別支援学級在籍になってから… 娘のこれからの成長のため、できる範囲で構いませんので、どうかご協力をお願いします」そう言うと、頭を下げました。

そして、9月…特別支援学級進級の手続きはすべて終了しました。

「うちの子のためだけじゃない!」後に続く親子のために、あえてパパが学校に伝えたことの画像

Upload By SAKURA


進級問題は私たちだけじゃない!他の親子も通る凸凹道を歩きやすく

この主人の行動と言葉に驚きました。「わが子のためにできることはやる」だけではなく、これからの子どもたちのことを考える主人は、私の何歩も先を行っていたのです。

今回の進級問題、振り返って見ると、一つひとつに大騒ぎして動揺していた私とは違い、いつも状況把握は、聞いた話のみだった主人。そんな主人は、一緒に考えてくれていても、きっと私の話を100%理解してはくれないだろうと内心思っていました。しかし、私のモヤモヤする思いも代わりに伝えてくれ、これから入学してくるだろう発達障害のある子と、その親御さんのことまで考える姿勢に、感動しました。

今回の進級のことで、私たちの通ってきた道は…

「うちの子のためだけじゃない!」後に続く親子のために、あえてパパが学校に伝えたことの画像

Upload By SAKURA

もちろん、わが子の進路を決めるのに、簡単な道はないと思います。

でも、少し距離の短くなる橋や、登りやすい階段…

私たちが通っただけではそんな立派なものはできないかもしれないけど、川があったときに橋に使う材料ぐらいは、置いてあげられていたら嬉しいな(笑)


辛かった進級・進学問題から学んだ今、できること

偉そうかもしれませんが、娘の小学校入学、1年生、進級…と、経験した私たちが、進学・進級問題において今、振り返って言えることは、以下の4つです。

「自分が(子どものために)どうしたいのかという思いを大切に」
「子どもとそして自分が、笑顔になれる道を一番に考える」
「周りの意見に流されない」
「学校、地域のリサーチはしっかりと」

周りの意見をたくさん聞くことも大事ですが、聞きすぎると自分の意見が消えてしまいます。そして、周りはそれぞれの立場で違うことを言うものだということも…

「良かれと思って…」と、色んなことを言ってくる人がいるかもしれません。でも、「みんなが納得する答え」や「絶対に誰にも何も言われない判断」なんてないのではないでしょうか?

もし、そんな場面に出会い迷ったら、自分がどうしたいのか…それを大切にしてほしいと思います。親御さんが悩んで悩んで、苦しみながら決めたことです。 その決断は「誰よりも優先されるものであってほしい」。少なくとも私は、そう思います。

…と言っている私ですが、今選んだ道が、正解だったか、正解じゃなかったか、分かりません。

それが分かるのは、ずーっと後だと思います。

今信じることを、今できることを、選択する。 結局それしかないと思います。

「うちの子のためだけじゃない!」後に続く親子のために、あえてパパが学校に伝えたことの画像

Upload By SAKURA

これで、私たちと娘が経験した進級問題はひとまず終わりです。このコラムが、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.