子育て情報『特別支援学級での新生活スタート!娘が戸惑わないように伝えたかった「なんで?」への答え』

特別支援学級での新生活スタート!娘が戸惑わないように伝えたかった「なんで?」への答え

2018年6月13日 14:00
 


2年生から特別支援学級に転籍する娘。大丈夫かな…?

2年生から特別支援学級在籍になった娘。

1年生の10月、慣らしのために特別支援学級へ行くと決まった時は、1日1時間だったこともあり、簡単な説明で済ませてしまった私…。

関連リンク

・子どもの予防接種、すべて受けさせるべき?【知っておきたい予防接種! 最新ワクチン情報 第1回】
・なかなか欲しい情報が得られない!行き詰まった私を助けてくれたのは…
・発達障害グレーゾーンの子がほんの数ヶ月の「発達の時差」で、自信を失わないためにできること
特別支援学級での新生活スタート!娘が戸惑わないように伝えたかった「なんで?」への答えの画像

Upload By SAKURA

娘も深く考えていないような、あっさりとした返事でした。

しかし2年生からは、「自分のクラス」が特別支援学級になります。通常学級での娘は交流という扱いになるので、
出席番号も一番最後に変わります。

色んな変化で娘が戸惑うかもしれない…。

ちゃんと理解することは難しいとは思いますが、私は娘に、なぜ特別支援学級に行くのかを丁寧に説明しようと決めました。


「こんな時、あるよね?」娘に説明してみた

そこで私は娘に、こんな風に話をしました。

特別支援学級での新生活スタート!娘が戸惑わないように伝えたかった「なんで?」への答えの画像

Upload By SAKURA

特別支援学級での新生活スタート!娘が戸惑わないように伝えたかった「なんで?」への答えの画像

Upload By SAKURA

なんとなくわかっただろうか…


いよいよ特別支援学級での新学期がスタート!初日の感想はまさかの…?

心配しながらも2年生になる初日の朝、娘を送り出しました。

この日、私は放課後、娘を学校まで迎えに行きました。通常学級のホームルームと、特別支援学級のホームルームを終え、出てきた娘は、ちょっと疲れているように見えました。

初日の感想を聞くと…

特別支援学級での新生活スタート!娘が戸惑わないように伝えたかった「なんで?」への答えの画像

Upload By SAKURA

2つも教室があってすごい…!?

なんとも前向きなその考え方に、脱帽しました。


教室移動もバッチリ!対応できている娘に一安心

娘は今、国語と算数の授業を支援学級で受け、他の時間は通常学級で過ごしています。

特別支援学級での新生活スタート!娘が戸惑わないように伝えたかった「なんで?」への答えの画像

Upload By SAKURA

本人も「国語と算数は特別支援学級」という流れをきちんと把握し、時間になれば、教科書をもってクラスを移動するそうです。娘は、変化に対して柔軟に対応できていました。


娘に伝えたい「特別支援学級にいる意味」より大切なこと

私たちが、迷いに迷って決めた特別支援学級という選択。娘に受け入れてもらえないんじゃないかと心配もしていました。しかし娘は、私の予想以上に支援学級をすんなり受け入れてくれ、なじんでくれています。

おそらく娘は、特別支援学級にいる意味を完全には理解していないと思います。

何故ここにいるのか、自分は何が苦手なのか…親としては、自分の特性や苦手を知る上で、将来的にはある程度理解してほしいと思っています。特別支援学級はみんなは通わないけれど、あーさんが成長する過程で必要な場所…ここは後ろめたく思う場所ではないということも。

でも、ちゃんとわかるのは今じゃなくていい。

それより、伝えたいのは『いる意味』よりも大切な、娘に合う場所で『マイペースに、ゆっくり頑張ろう』ということ。

特別支援学級での新生活スタート!娘が戸惑わないように伝えたかった「なんで?」への答えの画像

Upload By SAKURA

新しくスタートを踏み出した娘を、引き続きサポートしていきたいと思います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.