子育て情報『「発達障害なのは私だけ?」繰り返し聞く小3娘、その心境は――母は「障害」という言葉に葛藤を感じて...【わが子に話した発達障害Vol.3】』

2020年4月22日 14:00

「発達障害なのは私だけ?」繰り返し聞く小3娘、その心境は――母は「障害」という言葉に葛藤を感じて...【わが子に話した発達障害Vol.3】


発達障害のことを話してから1週間...何度も聞かれる同じ質問。

娘に発達障害のことを話してから、1週間。

それまで娘から『発達障害』について聞かれることは、全くなかったのですが…1週間を過ぎたころから、娘は3日に1回ぐらいのペースで私に「発達障害って…この家で私だけ?」と聞くようになりました。

その度に私は同じ説明をしました。

「発達障害なのは私だけ?」繰り返し聞く小3娘、その心境は――母は「障害」という言葉に葛藤を感じて...【わが子に話した発達障害Vol.3】の画像

Upload By SAKURA

娘は毎回、私の話を聞いたあとはそのまま去って行きます。私は、その表情から娘の気持ちを読み取ってあげることができず、ただ聞いているだけなのか、それとも何か不安を抱えているのかわかりませんでした。


娘は『発達障害』をどう思った?

このやり取りが何度か続いたため、私は娘が何を思って聞いているのか知りたいと思いました。

そこで娘に聞いてみることにしました。

「発達障害なのは私だけ?」繰り返し聞く小3娘、その心境は――母は「障害」という言葉に葛藤を感じて...【わが子に話した発達障害Vol.3】の画像

Upload By SAKURA

娘は、『発達障害』があることが「心配」と感じていました。

私が思った以上に、娘は表面上だけではなく、深いところまで考え始めていました。


困ったのは『障害』という言葉。

今回、娘に説明をしていて私が一番困ったのは…

「発達障害なのは私だけ?」繰り返し聞く小3娘、その心境は――母は「障害」という言葉に葛藤を感じて...【わが子に話した発達障害Vol.3】の画像

Upload By SAKURA

なぜこれが『障害』という言葉なのか、ということ。『障害』という言葉は、子どもにはとても説明しにくいのです。

「発達障害」ではない別の言葉ならよかったと、この時ほど感じたことはありませんでした。
(発達障害ではなく、個性強め型とか、〇〇タイプとか、「障害」がつかない呼び名にしてほしいと思いました。)

恥じるべきことではないのに、人に使ってはいけないという矛盾を上手く説明できない葛藤もありました。

「発達障害なのは私だけ?」繰り返し聞く小3娘、その心境は――母は「障害」という言葉に葛藤を感じて...【わが子に話した発達障害Vol.3】の画像

Upload By SAKURA

最初の説明は、きっとその後の価値観の土台になっていく…。

自分の言葉一つひとつの重みを認識するたび、その大きな責任感に身が引き締まる思いでした。


受け入れるまで、寄り添う。

その後も間隔は少しずつ開いてきていますが、娘は定期的に「発達障害って…この家で私だけ?」という質問をします。

「発達障害なのは私だけ?」繰り返し聞く小3娘、その心境は――母は「障害」という言葉に葛藤を感じて...【わが子に話した発達障害Vol.3】の画像

Upload By SAKURA

その度に、こんな会話をします。

ただ、心配なことばかりではなく…

「発達障害なのは私だけ?」繰り返し聞く小3娘、その心境は――母は「障害」という言葉に葛藤を感じて...【わが子に話した発達障害Vol.3】の画像

Upload By SAKURA

こんな前向きな会話も、たくさんあります。

娘は、『発達障害』を知ったばかり。何度も質問するのは、まだ受け入れることができていないということなのでしょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.