子育て情報『【専門家にきく】早期療育とは?』

2021年8月15日 14:15

【専門家にきく】早期療育とは?


Q.「早期療育」とはなにをすることですか?

A.発達障害がある子どもに対して早期からその子に必要な支援を開始することです。
早期から支援をおこなうことで、発達を促進し適応状態を改善することで、不登校、抑うつなど二次的な問題を予防することができると言われています。

【専門家にきく】早期療育とは?の画像

Upload By 発達障害のキホン

発達障害は脳の機能障害と考えられていますが、その原因は詳しくは分かっていません。
障害特性自体を治療することは難しいものの、その子にあった環境を整え、必要なスキルを早期に獲得することで、社会生活における困難さが起こりにくくなります。

早期療育には、自閉症スペクトラムに関しては、ABAと言われる応用行動分析の手法を用いたもののほか、自然な文脈の中でコミュニケーションスキルを発展させるDSP、当事者とその家族を対象とした障害支援プログラムである包括的介入とも言われるTEACCHなどさまざまな手法がありますが、子どもに関わる際に共通のポイントがあります。

・スモールステップでスキルを学習すること
・見通しを持つなど、安心して過ごせる生活環境をつくること
・日常生活の中で学んだスキルを使用する機会をつくること
・保護者も共に関わること

早期療育には家族参加が欠かせません。保護者がどのように関わればいいのかは、子どもの療育を担う発達支援施設の専門家や、療育施設などで行われるペアレントトレーニングなどで学ぶことができます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.