子育て情報『レッジョ・エミリア教育は何がすごいの? Googleにも採用された理由とは』

2018年11月18日 08:07

レッジョ・エミリア教育は何がすごいの? Googleにも採用された理由とは

目次

・レッジョ・エミリア教育の発祥
・レッジョ・エミリア教育の理念
・レッジョ・エミリア教育の実践
・日本にレッジョ・エミリア教育の施設はある?
・レッジョ・エミリア教育を家庭で取り入れるには
・レッジョ・エミリア教育を知る本
レッジョ・エミリア教育は何がすごいの?Googleにも採用された理由とは

「レッジョ・エミリア教育」を知っていますか?優れた幼児教育として、世界中の保護者から注目を浴びています。

その発祥となったイタリアの都市レッジョ・エミリアは1991年、米国の週刊誌『ニューズウィーク』により、幼児教育における国際的なロールモデルとして挙げられました。米Googleの社員が利用できる預かり保育にも、レッジョ・エミリア教育が取り入れられているそう。

いったい、一般的な幼児教育と比べてどのような特徴があるのでしょうか?今回は、小さな子どもに関わる者ならぜひ知っておきたいレッジョ・エミリア教育について、簡単にご紹介します。

レッジョ・エミリア教育の発祥

レッジョ・エミリア教育の始まりは、第二次世界大戦の終戦直後でした。北イタリアの都市レッジョ・エミリアの近くにあるヴィッラ・チェッラ村の人々は、戦争で破壊された建物からレンガや石を集めたり、ドイツ軍が残した戦車を売り資金を集めたりして、学校を建てはじめたそう。

地元の教員だったローリス・マラグッツィ(1920~1994)はそれを見て感動し、ローマで教育心理学を学びはじめます。1950年に学位を取得するとレッジョ・エミリアに戻り、学校の運営を手伝ったり新たな幼児教育施設を建てたりしたそうです。

マラグッツィは市当局と協働し、1963年に公立としては初めての幼児教育施設をオープンさせました。その後も公立の施設は増え、レッジョ・エミリアの保育施設は18に、幼児教育施設は51にまでなったそう。これらの施設で行われている教育が、レッジョ・エミリア教育と総称されているのです。

レッジョ・エミリア教育は何がすごいの? Googleにも採用された理由とは


レッジョ・エミリア教育の理念

レッジョ・エミリア教育における指導者的存在となったマラグッツィは自身の教育理論を本として残しておらず、レッジョ・エミリア教育に体系的なメソッドはありません。しかし、マラグッツィによる詩「100の言葉」は、レッジョ・エミリア教育の理念を象徴するものとして知られています。以下はその一部です。


子どもは100の言葉を持っている
(そしてもっともっと何百も)
けれど99は奪われている

学校と文化が頭と体を切り離す
彼らは子どもにこう言うのだ
手を使わずに考えなさい
頭を使わずやりなさい
よく聴きなさいしゃべってはいけません
楽しまずに理解しなさい

(引用元:St Joseph’s School|The Hundred Languages of Children)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.