子育て情報『“英会話力” を身に付けるには? スムーズな会話を実現するための必殺技「コミュニケーション方略」』

2018年12月28日 11:35

“英会話力” を身に付けるには? スムーズな会話を実現するための必殺技「コミュニケーション方略」

目次

・1. 話題を導入する「ねえ、知ってる?」
・2. ひらめきを伝える「いいこと思いついた!」
・3. 提案する「こんなのどう?」
・4. 途中で脱線する「ところで」
・5. 元の話題に戻す「いずれにせよ」
・6. 話題が変わるのを防ぐ「最後まで聞いて!」
・7. 話題を避ける「別のことを話そう」
“英会話力” を身に付けるには?スムーズな会話を実現するための必殺技「コミュニケーション方略」

英会話力を身に付けるのに不可欠なものは、何でしょうか。漠然と英会話ができるようになりたいといっても、ターゲットがはっきりしませんね。

会話では、会話の流れを作り出し、その流れに乗り、そして流れを変えることが求められます。相手の主導権に任せて、一方的に話を聞くだけでは、対等の立場で会話を進めることができません。ここで重要なのは、積極的に会話の流れを調整する能力なのです。

英語に自信がない人は、そんなの無理だと思うかもしれませんね。でも相手は、あなたの英語ではなく、あなた自身に関心があるのです。

そこで、相手にきちんと向き合うには、英語力の有無にかかわらず、積極的に会話を調整していくことが求められます。これを英語教育の分野では「会話管理能力」や「コミュニケーションの方略」と呼びます。

流れを調整する時はもちろん、英語を使って行うのですから、まずはそのための慣用表現を覚えることが肝要です。今回は、話題を調整するのに便利な慣用表現ネットワークをご紹介しましょう。

“英会話力” を身に付けるには? スムーズな会話を実現するための必殺技「コミュニケーション方略」


1. 話題を導入する「ねえ、知ってる?」

「こんなことがあったんだよ!」「ねえ、知ってる?」新しい話題について話し出す時、日本語ではこう口火を切りますね。

話題を導入するという行為は、会話の流れを作る上で必要不可欠です。もちろん、英語でも同じことが言えるでしょう。


・よい知らせがあるよ。
I have some good news for you.

・何があったか当ててごらん
Guess what.

・信じられないかもしれないけど……。
You may not believe this, but ….

・想像できないかもしれないけれど(こんなことがあったんだ)。
You’ll never guess what happened.

例えば「宝くじに当たったんだ!」と伝えたい時、いきなり話し出すよりも、「信じられないかもしれないけれど」という一言で始めたほうが自然ですね。

“英会話力” を身に付けるには? スムーズな会話を実現するための必殺技「コミュニケーション方略」

また、まず相手の注意を喚起してから話題を導入することもよくみられます。


・聞いて!
Listen!

・見て!
Look!

・えーと……。
Well, ….

・ねえ、……。
You see…,

・で、……。
So …。

日本語で言えば、「あのー」「ねえ」「えーと」「で」に近い感覚の表現ですね。
“英会話力” を身に付けるには? スムーズな会話を実現するための必殺技「コミュニケーション方略」



関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.