子育て情報『「SQ」って知ってる? 今を生きる子どもたちに「社会的指数」が重要なワケ』

2019年5月11日 07:27

「SQ」って知ってる? 今を生きる子どもたちに「社会的指数」が重要なワケ

目次

・そもそも「SQ」って?今、子ども達に求められる能力とは
・「SQの低さ」が招きかねない恐ろしい将来とは
・SQを育むために重要な3つのポイント
「SQ」って知ってる?今を生きる子どもたちに「社会的指数」が重要なワケ

子どもの知能を示す「IQ」とは別に、昨今では「SQ」という指数に注目が集まっていることをご存知でしょうか?

SQが高い子どもは、一人ひとりの個性や多様性が重視されるこれからの社会で活躍できるといわれています。今回は、SQの意味や役割、それを高めるポイントについてご紹介しましょう。

そもそも「SQ」って?今、子ども達に求められる能力とは

「SQ」とよく似た言葉に、IQとEQがあります。しかし、この2つはSQとは少し異なったものです。IQは、Intelligence Quotient(知能指数)の略で、俗にいう「頭の良さ」を指すものとしてよく知られていますよね。そして、EQはEmotional Intelligence Quotientの略で、「感情指数」や「心の知能指数」とも呼ばれています。自分自身の感情を把握してコントロールすることで、その場に合った言動をとれるかどうか、また相手の感情を理解しながら適切な配慮をし、他者との関係を良好にできるかどうかを指しています。

SQ(Social Intelligence Quotient)とは、著書『EQこころの知能指数』を通してEQの認知度の向上に貢献したアメリカの心理学者ダニエル・ゴールマンが発表した概念であり、コミュニケーション能力や社会性の高さを指すものです。「社会的指数」や「生き方の知能指数」などとも呼ばれています。

SQが高い人は、自分の考えを相手が理解できるようにまとめて、わかりやすく伝えることができ、人に何かをお願いしたり、されたりといった協力することの大切さをしっかりと理解できる傾向にあります。さらには、自分なりの目標を作って取り組んだり、成功しても謙虚な気持ちを忘れずにまた新たな挑戦ができたりするという特徴も。

ダニエル・ゴールマンは、EQの考え方に脳科学研究をプラスすることで、SQを生み出しました。著書『SQ生きかたの知能指数』では以下のように述べています。


人生でかかわりあう人々から受ける作用によって、気分だけでなく身体そのものが影響され、形成されることを自覚して、賢明に行動しなければならない。また、逆に自分自身が他人の情動や健康にどのような影響を与えるかも、よく考えてみなければならない
(引用元: ダニエル・ゴールマン(2007),『SQ生きかたの知能指数』,日本経済新聞出版社.)

人が生きていくためには、家族や友だち、学校の先生や職場の人々など、誰かとコミュニケーションをとることが不可欠です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.