子育て情報『共通テスト(英語)に必要なリーディング対策と効果的な練習法』

2021年6月4日 08:12

共通テスト(英語)に必要なリーディング対策と効果的な練習法

目次

・2021年度大学入学共通テスト(英語リーディング)の概要
・共通テスト(英語リーディング)の難易度と特に注目すべき問題
・共通テスト(英語リーディング)に必要な対策とは
・共通テスト(英語リーディング)対策になる語彙力の正しい鍛え方
・共通テスト(英語リーディング)対策になる文法知識の正しい身につけ方
・共通テスト(英語リーディング)対策になる長文読解の正しい学習の仕方
・共通テスト(英語リーディング)の必須スキルを効率よく鍛えるには
共通テスト(英語)に必要なリーディング対策と効果的な練習法

言語教育情報学修士でTOEIC990点・TESOL(英語教育の国際資格)をもつ田畑翔子さんに、大学入学共通テストに向けての対策や効果的な練習法についてお話を伺うシリーズの第2回めをお届けします。

第1回では、共通テスト(英語)の変更点と、今後受験生に求められるテスト対策についてお話しいただきました。第2回は、大学入学共通テストに向けた正しい英語リーディング対策と練習法を探ります。

2021年度大学入学共通テスト(英語リーディング)の概要

2021年度大学入学共通テスト(英語リーディング)の試験時間は、前年度までと変わらず80分。平均点は58.80点と、前年度(58.15点、100点満点換算)と比べ微増しました。

2021年度の問題形式と配点は次のとおりです。

  • 第1問Aショートメッセージの読み取り:各2点×2問=4点
  • 第1問Bウェブサイトの読み取り:各2点×3問=6点
  • 第2問A点数表とコメントの読み取り:各2点×5問=10点
  • 第2問BEメールの読み取り:各2点×5問=10点
  • 第3問Aウェブサイトの読み取り:各3点×2問=6点
  • 第3問Bニュースレターの読み取り:各3点×3問=9点
  • 第4問 複数のEメールと時刻表、棒グラフの読み取り:各2点×2問+各3点×4問=16点
  • 第5問 プレゼンテーションのスライドの穴埋め:各3点×5問=15点
  • 第6問 説明文2題の読み取り:各3点×8問=24点
2021年度大学入学共通テスト(英語リーディング)の問題はこちらから、答えはこちらからアクセスしてください。

2021年度共通テスト(英語リーディング)の難易度と、特に注目すべき問題は何か、田畑さんに解説いただきました。

大学入学共通テストに効果的な英語リーディング対策03


共通テスト(英語リーディング)の難易度と特に注目すべき問題

ーー共通テストでは、すべてが長文読解問題になりましたね。語数が大幅に増えて、全体の難易度が上がっている印象を受けましたが、田畑さんは全体の難易度に関して、どのようにお考えでしょうか。田畑さん:
英文自体を見れば、使用されている語彙や、文の複雑さなどについて、センター試験と比べて特段難易度が上がっているということはなさそうです。

大手予備校の分析などを見ても、センターよりむしろ英文自体の難易度は下がっているのでは、というような意見もあります。

扱われているトピックも、ごく日常的な内容や、学校生活などに関することが多く、これまでのセンター試験の内容から大きく変わったという印象は受けませんでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.