子育て情報『子どもの学習障害についての知見が深まる記事14選』

子どもの学習障害についての知見が深まる記事14選

2018年6月11日 16:58
 

関連リンク

・チャンスを与えるのは親の役目、子どもの「やりたい」を応援してあげて
・【連載☆子育てあるあるマンガ】「何度でも」by numaccoさん
・雨の日もOK!都内近郊で人気の「駅近・直結室内遊び場スポット」10選
子どもの学習障害についての知見が深まる記事14選

小学校入学のタイミングで子どもの学習障害が明らかになることがあります。そもそも「学習障害」とひと言でいっても、その内容は様々です。

学習障害とはどんなものなのか?改善するためにはどんな方法があるのかを探ります。学習障害を持っていても活躍をしている人は沢山います。子どもの将来を考え、子どのを育てる時なにが一番大事なことなのか、ママテナの記事から「学習障害」についてまとめました。

●学習障害とは?

学習障害とは、自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、発達性協調運動障害というおもな4種類の発達障害のひとつです。

「聞く、話す、読む、書く、計算する」など、特定の「学習」の基礎的な能力に困難を示す状態で「ただの勉強不足」と誤解されてしまうことも多いようですが、本の朗読でどこを読んでいるのかわからなくなるなどの詳しい症状です。

▼続きはこちら▼

●日本語では気が付きにくい「ディスレクシア」

では学習障害はどのような状況で発覚するのでしょうか?その一つとして「小1プロブレム」があります。
これは保育園や幼稚園から小学校への環境が大きく変わったタイミングで、小学校への不適応が見れらた事をキッカケに知能テストなどを受け、注意欠陥多動性障害(ADHD)や学習障害などと診断されるケースがあると専門家は指摘しています。

▼続きはこちら▼

●学習障害の疑いがわかるキッカケ小1プロブレム

では学習障害はどのような状況で発覚するのでしょうか?その一つとして「小1プロブレム」があります。
これは保育園や幼稚園から小学校への環境が大きく変わったタイミングで、小学校への不適応が見れらた事をキッカケに知能テストなどを受け、注意欠陥多動性障害(ADHD)や学習障害などと診断されるケースがあると専門家は指摘しています。

▼続きはこちら▼

●学習障害改善のための方法

発達障害と診断された場合、「療育」という障害をもつ子どもが社会的に自立することを目的として行われる治療と保育があります。医師の診察後、検査などでお子さんの状態を把握し、診断が出てから、作業療法士や言語療法士などによる訓練を療育センターで受けることになります。
学習障害の対応は早い対応が大切です、学校に行ってもわからないことだらけになってしまい、だんだんと学ぶ意欲をなくし、「どうせ自分なんか」と自己評価も低くなってしまいます。中には学校に行きたくなくなってしまう子もいます。気になる事がある場合は、早い段階で相談し、子供の能力を伸ばしてあげたり、関わりを変えてあげた方が絶対にお子さんのためになる、と専門家は指摘します。

▼続きはこちら▼

●道具の利用

学習障害を抱える子どもにとって黒板に書かれた事をノートに書き写すのが苦手な場合があります。
このような場合、授業終わりに黒板をデジカメで撮影し、家でプリントアウトしてノートに貼る、などによって問題を解消する方法もあります。「できない」事を、道具の力を借りて「できる」ようにする方法にです。

▼続きはこちら▼

●学習障害をもった子どもを育てる一番大事なこと

アインシュタイン、トム・クルーズスティーブン・スピルバーグジョン・レノンはディスレクシアでした。ミッツ・マングローブさんが「暗記が苦手だった」と告白しています。大きな功績を残してる人や第一線で活躍している人でも学習障害を持っている人はいます。学習障害を持った子供を育てる上で一番大事な事はなんなのか?専門家の意見です。

▼続きはこちら▼

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.