子育て情報『元Jリーガー、カレン・ロバートさんが野球人気の地、木更津にサッカークラブを作ったワケ』

2020年12月1日 16:30

元Jリーガー、カレン・ロバートさんが野球人気の地、木更津にサッカークラブを作ったワケ

日本サッカー協会(JFA)の松田薫二グラスルーツ推進グループ長が、賛同パートナーを訪問し、どんな取り組みを行っているのかを聞くこの連載。

今回登場するのは、千葉県木更津市に拠点を置く、房総ローヴァーズ木更津FCです。

クラブの代表を務めるのは、ジュビロ磐田などで活躍した、カレン・ロバートさん。木更津に素晴らしいグラウンドを建設したカレンさんに「施設の確保」を始めとするクラブ設立の背景、グラスルーツの活動について伺いました。
(取材・文鈴木智之)

目次

・カレン・ロバートさんが育成年代のクラブを設立した理由
・野球人口の多い木更津にクラブを作ることになったキッカケ
・実力がある選手にはチャンスを与えられるクラブにしたい
・地域に根ざしたクラブを目指す


元Jリーガー、カレン・ロバートさんが野球人気の地、木更津にサッカークラブを作ったワケ
リコプエンテFCが自前のグラウンドを作った理由とは......

<グラスルーツ推進6つのテーマ>
元Jリーガー、カレン・ロバートさんが野球人気の地、木更津にサッカークラブを作ったワケ


■カレン・ロバートさんが育成年代のクラブを設立した理由

松田:房総ローヴァーズ木更津FCは、JFAのグラスルーツ推進・賛同パートナー制度の中の「施設の確保」「引退なし」「女子サッカー」「障がい者サッカー」「社会課題への取り組み」の5つに賛同してくれています。

カレン・ロバート(以下カレン):はい。

松田:今回の対談では、なぜクラブを作ろうと思ったのか。そしてグラウンドや施設をどのようにして作ったのかなど、賛同パートナーの方々の参考になるような話を聞かせていただければと思います。

カレン:はい。よろしくお願いします。

松田:元Jリーガーが育成年代のクラブを作り、グラウンドまで作ってしまったというケースは、あまり聞いたことがありません。カレンさんはオランダやイングランドなど、海外でのプレー経験も豊富なので、ヨーロッパの影響を受けたのかなと推測しますが、クラブ設立のきっかけは、どのようなものだったのでしょうか?

カレン:僕は茨城県の土浦市で生まれて、小学3年生まで、つくば市でサッカーをしていました。その後、小学4年生から中学生(ジュニアユース)までは柏レイソル、高校では市立船橋でプレーさせてもらい、千葉県にお世話になりました。

松田:レイソルジュニアで全国優勝、レイソルのジュニアユースでは全国3位、市立船橋でも全国優勝をしていますね。

カレン:すごく良い環境でサッカーをさせてもらっていたんだなと、プロになって改めて感じました。ヨーロッパでプレーする中で、将来のことを考えていたときに、漠然とですけど「千葉県に恩返しがしたいな」と思い立ち、すべてはそこから始まりました。そのときは、縁もゆかりもない木更津にクラブを作るとは思いませんでしたけど(笑)

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.