子育て情報『サッカールールの基本! ハンドの概要について解説』

2021年3月22日 12:00

サッカールールの基本! ハンドの概要について解説

目次

・ハンドとは
・ハンドの反則を犯すととどうなる?
・ハンドの定義
・ハンドになるとき・ならないとき
・ハンドになるとき
・ハンドにならないとき
・ゴールキーパーのハンド
・まとめ
サッカールールの基本! ハンドの概要について解説


サッカールールの基本ともいえるのが「ハンドの反則」です。サッカーに詳しくない人でも手を使ってはいけないということは知っているのではないでしょうか。一方で、ハンドの反則の細かいルールまでは把握していない人は多いはずです。この記事では、ハンドの反則についてその概要や定義について解説します。

ハンドとは

サッカールールの基本! ハンドの概要について解説


ハンドとは、正しくは「ハンドリング」といい、ボールを手や腕で扱うことを意味します。サッカーでは、ゴールキーパーやスローイン時など一部を除いて手を使用することは禁止されています。

ちなみに、サッカーではハンドと似たような言葉に「ハンドオフ」というものがあります。こちらは、腕を使って相手との距離感を保つことであり、ハンドの反則とは関係ありません。

ハンドの反則を犯すととどうなる?

もしハンドの反則を犯してしまうと、相手に以下のいずれかがあたえられます。

  • 通常のハンド:直接フリーキック
  • 自陣ペナルティエリア内でのハンド:ペナルティキック
  • ゴールキーパーの自陣ペナルティエリア内でのハンド:間接フリーキック
直接フリーキックとは、フリーキックで蹴ったボールが直接ゴールに入ると得点が認められるフリーキックです。また、間接フリーキックは、蹴ったボールが直接ゴールに入っても特典は認められません。ゴールに入る前に他の選手がボールに触れていれば得点となります。

なお、ハンドの反則を犯すと、場合によっては退場を命じられることもあります。例えば、相手チームの得点や決定的なチャンスをハンドによって阻止した場合は、レッドカードが出され退場になります。

ハンドの定義

サッカールールの基本! ハンドの概要について解説


ハンドの定義は、これまでどこからどこまでをハンドとして扱うのかその基準が抽象的でしたが、2020/21の競技規則からその定義が明確になりました。日本サッカー協会の競技規則によると「脇の下の最も奥の位置までのところ」までが腕の範囲としてみなされる、つまりハンドとして扱われるということです。

ハンドになるとき・ならないとき

サッカールールの基本! ハンドの概要について解説


ここでは、ハンドの反則について、どういったときに反則として扱われるのか、逆にどういったときには反則にならないのか解説します。

ハンドになるとき

ハンドの反則になるのはボールを手や腕で扱ったときです。具体的には、以下のようなことを行うと反則となります。

  • 手や腕で意図的にボールに触れたとき
  • 手や腕を使って得点したとき(偶発的な場合を含む)

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.