子育て情報『サッカーのジュニアユースとは? 概要からメリット・デメリットまで解説』

2021年4月30日 12:00

サッカーのジュニアユースとは? 概要からメリット・デメリットまで解説

目次

・ジュニアユースとは
・クラブチームと中学校の部活動は異なる
・クラブチームはセレクションが行われる
・ジュニアユース年代のチームのメリット・デメリット
・クラブチームのメリット・デメリット
・部活動のメリット・デメリット
・ジュニアユースの大会
・まとめ
サッカーのジュニアユースとは? 概要からメリット・デメリットまで解説


サッカーをしている小学生お子さんをお持ちの保護者の中には、中学生になったらどこのチームでプレーするのか気になっている方も多いのではないでしょうか。サッカーにおける中学生年代のことをジュニアユースと言います。この記事では、ジュニアユースの概要について解説します。進路を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ジュニアユースとは

サッカーのジュニアユースとは? 概要からメリット・デメリットまで解説


ジュニアユースとは、サッカーにおける中学生年代を意味する言葉です。一般的には中学生年代の中でもクラブチームのことを指して使用されています。クラブチームというとJリーグの育成組織のイメージがあるかもしれませんが、いわゆる街クラブもジュニアユースに含まれます。また中学校の部活動もジュニアユース年代であるため、同じ括りとして扱われます。

クラブチームと中学校の部活動は異なる

ジュニアユースの場合、主なサッカー環境としては中学校とクラブチームの2つがあります。どちらも練習を行い、公式戦を戦うことに変わりはありませんが、両者は所属する組織が異なり、参加する大会にも違いがあります。また、部活動は学校単位のチームとなりますが、クラブチームはチーム単位での活動となり、様々な中学校に所属する選手たちが集まります。

クラブチームはセレクションが行われる

ジュニアユースのチームの中でも、クラブチームの場合、セレクションに合格しなければチームに入団できないケースもあります。チームによって異なりますが、夏から秋にかけて小学6年生向けのセレクションを実施するのが一般的です。特にJリーグの育成組織や強豪街クラブとなると多くの選手たちがセレクションを受験します。ちなみに、チームによってはセレクションなしで入団できるケースや、セレクションの前に練習会などを実施しているケースもあるため、各チームのホームページなどを確認してみるといいでしょう。

ジュニアユース年代のチームのメリット・デメリット

サッカーのジュニアユースとは? 概要からメリット・デメリットまで解説


クラブチームでも部活動でもサッカーはできますが、それぞれにメリット・デメリットが存在します。ここでは両者のメリット・デメリットについて解説します。

クラブチームのメリット・デメリット

クラブチームは、サッカーを行うためのチームであるため、試合数や練習時間が多いほか、チームによっては毎回人工芝のグラウンドで練習できるケースもあります。また、専門の指導者がいるため、サッカーに取り組みやすい点もメリットだと言えます。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.