子育て情報『「なぜ?」「本当?」「どうなる?」からはじまる算数・数学の自由研究 初等幾何学に関する研究作品を応募した中学校3年生が「MATHコン2021」日本数学検定協会賞を受賞』

2021年12月23日 13:00

「なぜ?」「本当?」「どうなる?」からはじまる算数・数学の自由研究 初等幾何学に関する研究作品を応募した中学校3年生が「MATHコン2021」日本数学検定協会賞を受賞

算数・数学の実用的な技能を測る、実用数学技能検定「数検」(数学検定・算数検定、以下「数検」)」を実施・運営している公益財団法人日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水 静海、以下「当協会」)は、一般財団法人理数教育研究所が主催している「塩野直道記念 第9回『算数・数学の自由研究』作品コンクール」(通称「MATH(マス)コン」)の優秀賞の1つである「日本数学検定協会賞」を決定し、2021年12月19日(日)に東京都内で行われた表彰式で受賞者を表彰いたしました。

「なぜ?」「本当?」「どうなる?」からはじまる算数・数学の自由研究 初等幾何学に関する研究作品を応募した中学校3年生が「MATHコン2021」日本数学検定協会賞を受賞

「日本数学検定協会賞」オンライン表彰式の様子

「なぜ?」「本当?」「どうなる?」からはじまる算数・数学の自由研究 初等幾何学に関する研究作品を応募した中学校3年生が「MATHコン2021」日本数学検定協会賞を受賞

「MATHコン2021」ロゴ

塩野直道記念「算数・数学の自由研究」作品コンクール公式ホームページ
https://www.rimse.or.jp/research/

受賞したのは、「シムソン線,9点円の一般化とオイラー・ポンスレ点」という初等幾何学に関する研究作品を応募した千葉県在住の中学校3年生です。

■「なぜ?」「本当?」「どうなる?」からはじまる算数・数学の自由研究
今年2021年で第9回の開催となる塩野直道記念「算数・数学の自由研究」作品コンクールは、全国の小学生・中学生・高校生を対象に、日常生活や社会で感じたさまざまな疑問を算数・数学の力を活用して解決する、あるいは、算数・数学の学びを発展させて新たな数理的課題を探究するなかで気づいたことやわかったこと、自らの解決の方法などをレポートにまとめ、作品として応募するコンクールです。テーマは自由で、毎年さまざまなテーマの自由研究作品が集まります。なお、今年2021年の応募作品数は、合計17,429件でした(2020年は11,397件)。

■シムソン線※と9点円の一般化に関する研究作品を応募した中学校3年生が受賞
本コンクールに2016年から協賛している当協会は、すべての応募作品のなかから、とくに算数・数学の研究として優れたレポート1作品に優秀賞として「日本数学検定協会賞」を授与しています。今年2021年の「日本数学検定協会賞」は、シムソン線と9点円をオイラー・ポンスレ点を用いて一般化(さまざまな事物に共通する性質を抽象し、1つの概念にまとめること)する研究について、初等幾何学(平面図形および空間図形の性質に関する分野)の範囲でまとめた、千葉県在住の齋藤 輝(さいとう あきら/応募当時14歳、中学校3年生)

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.