子育て情報『外国ルーツの子どもたちにコミュニケーション研修をプロボノ提供』

2022年5月25日 09:30

外国ルーツの子どもたちにコミュニケーション研修をプロボノ提供

組織・人材開発研修、コンサルティングを提供するインパクトジャパン株式会社(本社:中央区築地、代表取締役社長:戒能 祥哲、以下 当社)は、2022年5月14日(土)に、認定NPO法人カタリバ(所在地:杉並区高円寺南、代表理事:今村 久美、以下 カタリバ)が支援する外国ルーツの高校生を対象に、コミュニケーション研修をプロボノにて提供しました。

1)若者支援団体への寄付、2)団体から支援を受けている生徒への研修のプロボノ提供という当社の取り組み、リーダーシップ・エコシステム(R)に基づく活動です。

外国ルーツの子どもたちにコミュニケーション研修をプロボノ提供

コミュニケーション研修の様子1

■実施の背景
「どんな環境に生まれ育っても、未来をつくり出す力を育める社会」を目指し、10代の教育支援活動を行うカタリバが運営する「Rootsプロジェクト(外国ルーツの高校生支援プロジェクト)」。現在の日本では、日本語指導が必要な高校生の数は年々増加しているにもかかわらず、義務教育課程の小中学生に比べて支援が行き届きにくいという課題が存在します。このプロジェクトは、そんな高校生が自らの国籍や生い立ちを強みとして認識し、彼らと関わる人々とともに「違い」から学び合う学校連携プログラムの提供や支援を行っています。

今回のプロボノ研修は、高校を卒業してそれぞれの進路に進む生徒たちを対象に、自分と他者の認知特性の違いを理解し、自己を受容しながら周囲とのコミュニケーションを良好に図っていけるきっかけ作りを目的に実施しました。
(カタリバHP:https://www.katariba.or.jp/activity/project/multicultural/)

■用いたソリューションツールと当日の流れについて
使用したツールは、ユングのタイプ論をベースに開発された、人間の思考・行動特性を分析するアセスメントツールInsights(R) Discoveryです。日本語を習得中の外国ルーツの生徒たちも参加しやすいよう、やさしい日本語を用い、文章でのインプットよりもスライドなど視覚的に楽しめる要素も多く含めてデザインしました。また、自身の気持ちや考えを聞いてもらう受容の機会が生徒たちにとって大きな需要だと伺い、最後にはImpact Cafe(インパクトカフェ)と称して生徒とインパクトスタッフが一対一でお互いの聞きたいことを通して対話するセッションを設けました。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.