子育て情報『国内唯一の倫理判断を競う大会『日本CFA協会エシックス・チャレンジ2022』を開催』

2022年6月7日 16:15

国内唯一の倫理判断を競う大会『日本CFA協会エシックス・チャレンジ2022』を開催

一般社団法人 日本CFA協会(以下、「日本CFA協会」)は、6月12日(日)および6月26日(日)に、大学生・大学院生による金融業界の倫理判断を競う国内唯一の大会『日本CFA協会エシックス・チャレンジ2022』を、国内で初めて開催した昨年に続いて開催いたします。

エシックス・チャレンジ(Ethics Challenge)は将来の活躍が期待される学生向けに開催されるイベントで、金融業界の中でも重要性が高まっている資産運用業界の様々なセクションにおいて倫理観に基づいて行動できるプロフェッショナルの育成を目指しています。大学(院)生で構成されるチームに、資産運用における倫理上のジレンマを含んだケースが与えられ、そのジレンマを発見し、各チームで議論の上、審判員にプレゼンテーションを行ない、厳正な審査の末に優勝チームが決定されます。2018年からCFA協会(CFA Institute)アジア・太平洋地域(APAC)で開始され、昨年は国内で初めての大会を開催しました。
同大会で優勝したチームは進出したAPACの大会でも、倫理に関する豊富な知識と高い分析力が高く評価された結果準優勝となるなど健闘しました。

今年の大会は5月13日に募集を開始し、5月23日には説明会をオンラインで開催、6月8日まで登録を受け付けています。6月12日(日)にキックオフ・ミーティングを開催し、ルール説明や出題ケースの提示を行います。参加チームが1週間後の6月19日(日)までに提出するアブストラクト(出題ケースの分析内容のサマリー)に基づき、翌20日には26日(日)に開催されるジャパン・ファイナル(国内決勝大会)への進出チームが発表されます。決勝大会では参加チームが10分間のプレゼンテーションと10分間の質疑応答を行ない、資産運用業界もしくは規制当局での業務経験を有するプロフェッショナルからなる審判員による厳正な審査の結果、国内優勝チームが決定されます。
引き続き新型コロナの影響を考慮して、今年も昨年と同様、国内大会はオンラインで開催されます。なお昨年まで開催されていたAPAC(アジア太平洋地域)大会は、現状では開催が未定となっています。

エシックス・チャレンジ国内大会のルールは以下のとおり規定されています。

【学生チームと指導教官】
各大学から選出されたチーム(学生3名で構成)が倫理上のジレンマを含むケースに対して以下の点につき分析の優劣を競う。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.