くらし情報『なぜ受診しなかったの…。あのときの、自分を後悔【生理体験談】』

2020年6月16日 07:30

なぜ受診しなかったの…。あのときの、自分を後悔【生理体験談】

目次

・急に経血量がアップ!予想外で漏れてしまい…
・寒いのに、腰に巻いたカーディガンを外せない!最悪の1日
・受診せずにほうっておいたことが、後々の不安材料に
生理の異変を感じたのに、ほうっておいた私


「今回の生理は、普段と少し違う」と感じたことがたびたびあったのに、「大したことじゃないだろう」とほうっていた私。でも、いざ赤ちゃんが欲しいと思ったときに「なかなかできないのでは?」「あのとき感じた異変はもしかして……」と、不安の材料に。「何か異変を感じたら早めに手を打つべき」と、今になって思う私の経験を紹介します。

急に経血量がアップ!予想外で漏れてしまい…

当時29歳、教師として働いていた私は、職員室で授業の準備をしていました。

長時間のデスクワークの後、トイレに行こうと立ち上がろうとしたとき、違和感が。生理中ということはわかっていたので「まさか」と思い、椅子を見ると経血が染みついていました。

なぜか、その日は普段以上に量が多く、立ち上がるまで、こんなに経血が出ているとは気づきませんでした。両隣に座っているのは男性教師。しかも、1時間後には授業開始で生徒の前に立たなければならないのに、服にもしっかり経血がついていました。

寒いのに、腰に巻いたカーディガンを外せない!最悪の1日

とりあえず羽織っていたカーディガンを腰に巻き、トイレへ駆け込みましたが、どうしようもなく、カーディガンを腰に巻いたまま授業へ向かいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.