くらし情報『<子宮を全摘出>「全摘が最適」医師からの提案。受け入れたワケは…』

2022年6月28日 11:00

<子宮を全摘出>「全摘が最適」医師からの提案。受け入れたワケは…

普段は、フリーランスライターとして情報誌や企業会員誌などの記事制作をしている仁田茜さん。仁田さんは、子宮筋腫に起因する「過多月経」に悩まされ、26歳のときに子宮筋腫摘出手術、41歳のときに子宮全摘出手術を受けました。今回ご紹介するのは、仁田さんが経験された子宮全摘手術に至るまでのお話です。

26歳で筋腫を摘出後、特に問題なく過ごしていたものの、35歳を過ぎたころに再び筋腫ができ始めました。かかりつけ医の提案で総合病院を受診。そこで提案されたのはなんと「子宮全摘出」だったのです。まったく予想していなかった提案に、その日は決断できず……。2回目の受診で、MRI検査の結果と医師との相談を経て、仁田さんが出した答えはーー。

MRI検査の結果、医師は

「全摘が最適」医師からの提案。受け入れたワケは… #子宮全摘手術 7


「全摘が最適」医師からの提案。受け入れたワケは… #子宮全摘手術 7


「全摘が最適」医師からの提案。受け入れたワケは… #子宮全摘手術 7


「全摘が最適」医師からの提案。受け入れたワケは… #子宮全摘手術 7


「全摘が最適」医師からの提案。受け入れたワケは… #子宮全摘手術 7


「子宮全摘出」をすぐに決断できなかった仁田さんですが、しっかり検査したうえで全摘が最善であれば、それを受け入れようと思っていました。MRIの結果をもとにベテランの医師と担当医が相談し、仁田さんに言い渡されたのは「やはり子宮全摘が最善の方法」だということ。なぜそのような結論に至ったのか、担当医から説明を受けて納得した仁田さんは3カ月後に手術をすることにし、子宮全摘手術を受けられたのでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.