くらし情報『「彼、貧乏人なんですよ」学生のころから僕を見下す幼なじみ→「ある事実」を明かすと…!?』

「彼、貧乏人なんですよ」学生のころから僕を見下す幼なじみ→「ある事実」を明かすと…!?

目次

・幸せな気分が一気に急降下!?
・幼なじみの態度は相変わらず…
・一度あることは二度ある
・忘れていた事実
・社長だと知った幼なじみは…
「彼、貧乏人なんですよ」学生のころから僕を見下す幼なじみ→「ある事実」を明かすと…!?


母子家庭で育った僕は、家計を支えるため、高校卒業後すぐに働き始めました。転職を一度経験し、仕事は順調。そんなとき、かつて貧乏であることを馬鹿にしてきた幼なじみと久しぶりに会うこととなり……。

幸せな気分が一気に急降下!?

女手一つで育ててくれた母をラクにさせたいという思いから、僕は高校を卒業してからすぐに働き始めました。その後、より自分をランクアップさせたいと転職をし、今の会社に入社! 尊敬できる上司の下で日々学びながら仕事に勤しんでいます。

そんなある日のこと。僕は仕事でいい結果を出せ、お祝いとして、上司が高級なお寿司屋さんに連れて行ってくれることに。おいしいお寿司におなかも心も満たされて幸せな気分に浸ることができました。


ところがお店を出た直後、最悪な出来事が。

なんと、幼なじみであるひとりの女性と久しぶりに顔を合わせてしまったのです。

幼なじみの態度は相変わらず…

彼女は近所に住んでいて、同じ中学校に通っていました。だからこそ僕の家が貧乏なことを知っています。当時、彼女に弁当を見て笑われたり、貧乏人だと言いふらされたりしたことがありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.