くらし情報『『猿の惑星』×『シン・ゴジラ』!日米クリエーター対談が超白熱』

2017年9月26日 20:46

『猿の惑星』×『シン・ゴジラ』!日米クリエーター対談が超白熱

Photo by cinemacafe.net

感動のシリーズ完結編『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の公開記念トークイベントが9月26日(火)、都内で行われ、本作のVFXスーパーバイザーを務めた「WETAデジタル」のダン・レモン氏が出席した。

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや、『アバター』に関わったレモン氏は、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の両作品でアカデミー賞視覚効果賞にノミネート。『ジャングル・ブック』では、ついにアカデミー賞視覚効果賞を受賞した。まさに映像表現の限界を押しあげ続ける、VFX界のトップランナーだ。

ダン・レモン氏/『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』公開記念トークイベント
そんなレモン氏とこの日、対談を行ったのが『シン・ゴジラ』『進撃の巨人』の監督を務めた樋口真嗣監督、『シン・ゴジラ』でレモン氏と同じVFXスーパーバイザー及び編集を務めた佐藤敦紀氏。日米を代表する映像クリエーターの対談は白熱したのは、言うまでもなく、会場に集まったデジタル分野での活躍を志す学生たちも熱い視線を送っていた。

ダン・レモン氏&樋口真嗣監督/『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』公開記念トークイベント
特に、俳優の表情や動きをデータとして取り込み、生き生きしたCGキャラクターを生み出す「モーションキャプチャー」の話題に及ぶと、樋口監督&佐藤氏は瞳をキラキラさせて、「現場でOKの判断を出すのは誰?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.