くらし情報『【インタビュー】小野大輔、『宇宙戦艦ヤマト』で感じた“痛み”とは?「覚悟しています」』

2018年1月25日 21:30

【インタビュー】小野大輔、『宇宙戦艦ヤマト』で感じた“痛み”とは?「覚悟しています」

Photo by cinemacafe.net

日本全土を熱狂させた劇場用映画『さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち』をモチーフに、その壮絶なる物語を、新たな解釈と装いで現代に甦らせる『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』。全七章で綴られる本作だが、いよいよ「第四章天命篇」が1月27日(土)より順次公開となる。主人公・古代進役の小野大輔は、第三章を「とにかく辛かった」とふり返る…一体、彼が体感した“辛さ”とは?そして、どう乗り越え第四章へ向かったのか――?

小野大輔、古代進を演じて感じた“痛み”とは?

第三章「純愛篇」では、古代が劇中、“多くの市民が乗った3艦のどれか1艦だけを助けてやる。選ばないと全員死ぬことになる”という悪魔のような選択を迫られる。

「僕ら演者は役のことを知ろうとしますし、その情報を得たあとに自分の感情を乗せていきます。つまりその最初のアプローチには客観性が必要なのですが…。この展開には、自分がこの古代の状況に置かれたら、という主観的な考え方をせずにはいられなくなりました。そこで自分を投影し過ぎてしまうと古代進ではなく小野大輔になってしまうので、そこは役でありたいと考えるのですが。悩みましたね」。

『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』第四章「天命篇」-(C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

小野さん自身は「自分なら何も言えなくなってしまうんじゃないかと思う」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.