くらし情報『坂口健太郎、TVドラマ初主演! 刑事役で新境地「気合を入れていかないと」』

坂口健太郎、TVドラマ初主演! 刑事役で新境地「気合を入れていかないと」

2018年2月20日 06:00
 

Photo by cinemacafe.net

人気若手俳優の坂口健太郎が、4月期放送のカンテレ・フジテレビ系ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」でテレビドラマ初主演を果たすことが決定。過去に深い傷を負った刑事という難しい役柄で新境地を開く。

■“現在”と“過去”、2人の刑事が未解決事件に挑む

警察官の三枝健人は、幼い頃に友だちの女子児童が誘拐・殺害された事件で、女子児童を連れ去った謎の女を目撃した。しかし、そのことを警察に伝えるも誰にも相手にされず、事件は未解決のまま15年が経ち、時効間近となっていた。そんなある日、廃棄処分されるはずだった無線機から聞こえてくる声を耳にする。その声の主は、健人と同じ事件を追う刑事で、事件に関する手がかりを話す。最初は信じられなかった健人だが、無線機越しの刑事から聞いた場所に向かうと、なんとそこには何者かの白骨死体が…。

その後も、その刑事と交信を続けるうちに、健人は自分が無線機越しに会話する相手の刑事が、過去を生きている人間であることを知る。2人は謎の無線機を通じて、互いに協力し合い未解決事件を解き明かしていく――。

原作は、「冬のソナタ」「女王の教室」のキム・ウニ脚本による「シグナル」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.