くらし情報『「ストレンジャー・シングス」クリエイター兄弟にパワハラ疑惑』

「ストレンジャー・シングス」クリエイター兄弟にパワハラ疑惑

2018年3月12日 12:45
 

関連リンク

・これでごちゃつき感ゼロに!家電まわりをすっきり&おしゃれにさせる16のコツ
・松居一代の「神様への宣言」にネットから総ツッコミ
・広末涼子、ストリッパー役で喘ぎ&罵声も!? ラジオドラマに筧利夫&広瀬すず登場
Photo by cinemacafe.net

Netflixのオリジナルドラマ「ストレンジャー・シングス」の製作者マット&ロス・ダファー兄弟にパワハラ疑惑が持ち上がった。

スタッフの一員でグリップ(特殊機材などの管理責任者)のペイトン・ブラウンが、国際女性デーにSNSで「ストレンジャー・シングス」シーズン3に参加しないことを発表。その理由は、「高い地位にいる2人の男性が、複数の女性に対して罵倒しているの目の当たりにしたから」。

ペイトンはダファー兄弟の名前は出していないが、2人は思い当たる節があったのか、「撮影現場で誰かが不快な思いをしたと知り、ひどく動揺しています。製作中はストレスが多く、ときにいらだってしまうこともあります。それについては謝罪します」と自ら謝罪。暴言を吐くこともあるというのは暗に認めた形だが、同時に抗議も行った。「とはいえ、私たちの撮影現場が誤ったイメージで伝わってほしくありません。性別、志向、人種、宗教やそのほかのことに関しても関係なく、人々を公正に待遇している現場です」と主張した。「Digital Spy」などのメディアが掲載した。

Netflixはペイトンの告発を受けて調査したとのことだが、ダファー兄弟に非は見つからなかったという。

(Hiromi Kaku)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.