くらし情報『高橋一生、ちょうど1年前!『九月の恋と出会うまで』クランクインの映像公開で「とんでもなく恥ずかしい」』

2019年3月2日 14:56

高橋一生、ちょうど1年前!『九月の恋と出会うまで』クランクインの映像公開で「とんでもなく恥ずかしい」

Photo by cinemacafe.net

“書店員が選んだ、もう一度読みたい恋愛小説”第1位に輝く松尾由美氏の小説を映画化した『九月の恋と出会うまで』の公開記念舞台挨拶が3月2日(土)、東京・新宿ピカデリーで行われ、高橋一生、川口春奈、山本透監督が登壇した。

■主演作の封切りに「昨日からソワソワ」と高橋さん

主演を務める高橋さんは「昨日からソワソワしていた」と明かし、「皆さんのお顔を見ていると、面白かったと思ってくださったように見える」とホッと胸をなでおろした。映画はタイムパラドックスに翻ろうされる男女の切ない恋愛を描いており「いろんな要素がありますが、純粋に人が人を思う気持ちの大切さが、自然に描かれている」とアピールした。

本作のクランクインはちょうど1年前の2018年3月2日!舞台挨拶ではその当日のメイキング映像が上映され、初日から高橋さんが山本監督に演技プランを提案する姿が披露された。これには、高橋さんも「とんでもなく恥ずかしいですね」と照れ笑いを見せたが、主演として現場を引っ張る様子に、ファンは感心しきりの様子だった。

■劇中には『時をかける少女』のオマージュも…、川口さんは気づかず!

「高橋さんは大人の余裕で、わたしを包んでくれた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.