くらし情報『三浦春馬、“娘”を救うために逃亡…夏ドラマ「TWO WEEKS」』

2019年5月14日 06:00

三浦春馬、“娘”を救うために逃亡…夏ドラマ「TWO WEEKS」

Photo by cinemacafe.net

三浦春馬が、7月期放送のカンテレ・フジテレビ系新火9ドラマ「TWO WEEKS」で主演を務めることが決定。殺人の濡れ衣を着せられた主人公が、白血病の娘を救うために逃亡する2週間のタイムリミットサスペンスを描く。

三浦さん演じる主人公・結城大地は、殺人未遂の罪で服役した過去を持ち、現在は人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている男。ある日、かつて愛した女性が現れ、結城との娘“はな”を産んでいたこと、その娘が白血病であることを告げられ、戸惑いながらも初めて会うはなを前に、父親としての愛おしさを覚える。

そして、幸運にもドナーに適合し、再び自分が生きる意味を見出した結城だったが、その矢先、何者かにはめられ、殺人事件の犯人として逮捕されてしまう。しかし、骨髄移植手術は2週間後。はなの命を救うため、決死の逃亡に身を投じる…というストーリーだ。

近年ではブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」への出演も大きな話題となった三浦さん。今回は、8歳の娘の父親で、しかも徐々に父性愛が芽生えていく役というまた新たな挑戦となる三浦さんは「自分の子どもと接する役どころは今まで演じたことがなかったので、初めてこういう役を演じることになる新鮮さや、自分がこのキャラクターをどう『生きる』のかというところにすごく興味があります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.