くらし情報『「スーパーガール」で話題のボリウッド女優『ロボット2.0』でヒロインに』

2019年10月5日 16:30

「スーパーガール」で話題のボリウッド女優『ロボット2.0』でヒロインに

Photo by cinemacafe.net

インドのスーパースター・ラジニカーントアカデミー賞スタッフが贈る、インド映画史上最高の製作費90億円の超大作『ロボット2.0』。本作には、DCの人気TVシリーズ「SUPERGIRL/スーパーガール」でハリウッドデビューし、注目を集めるイギリス生まれのボリウッド女優エイミー・ジャクソンがヒロインとして“アンドロイド”役を演じている。

インド映画には、美人ヒロインは欠かせない。近年、日本でも大ヒットとなった『バーフバリ』シリーズに登場したアヌシュカ・シェッティ、さらには前作『ロボット』でヒロイン・サナ役を演じたアイシュワリヤー・ラーイなどの美しさは日本で大きな話題となった。

そして、『ロボット』7年ぶりの続編となる本作では、DCコミックスのTVシリーズ「SUPERGIRL/スーパーガール」シーズン3から登場したサターンガール役で一躍、世界的に注目を集めたエイミー・ジャクソンが新たなヒロインとなる。

イギリス出身の彼女は16歳でモデル業を開始。2009年にミス・ティーンワールド、2010年にはミス・リヴァプールで優勝。モデルと並行し、女優としても活動を開始し、時代劇や恋愛作品など様々なジャンルで頭角を現すと、インドのヒットメーカーにして、本作でメガホンを取ったシャンカル監督の『マッスル 踊る稲妻』(’15)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.