くらし情報『要潤、元少年Aで弁護士に! “罪の償い”問う新オトナの土ドラ12月スタート』

2019年10月9日 17:20

要潤、元少年Aで弁護士に! “罪の償い”問う新オトナの土ドラ12月スタート

Photo by cinemacafe.net

先日、高岡早紀主演「リカ」がスタートした“オトナの土ドラ”枠から、新たに12月からスタートするドラマの内容が発表。要潤を主演に迎えたヒューマン法廷ミステリー「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~」を放送する。

本作は、ミステリー作家・中山七里の大人気シリーズ「弁護士・御子柴礼司」の既刊4作(「贖罪の奏鳴曲」「追憶の夜想曲」「恩讐の鎮魂曲」「悪徳の輪舞曲」)を贅沢に使用しドラマ化。二転三転する法廷劇をハイテンポに、そして過去の罪と向き合う御子柴の苦悩をスリリングに描く。

勝つためなら何でもする、悪辣な手腕で勝訴をもぎ取る弁護士・御子柴礼司。そんな事務所とは知らずにハローワークで紹介され就職してしまった事務員・日下部洋子。そんな中、洋子は御子柴がかつて凶悪犯罪を犯した元少年Aであることを知る…。どんな依頼人でも、どんな手段を使ってでも必ず勝たせる“悪魔の弁護人”。その戦慄の過去とは、正義の意味とは、贖罪とは何か。かつてないヒューマン法廷ミステリーが幕を開ける!

主演の要さんが演じるのは、そんな元少年Aの弁護士・御子柴礼司。本作の出演に関して、要さんは「タイトルがすごく面白そうで惹かれたこと、加えて弁護士役は、一度演じてみたかったので、すぐにやらせて頂きたいと思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.