くらし情報『生田斗真、清原果耶らの“家族像”に「ホッコリする」「癒やされる」の声…「俺の話は長い」3話』

2019年10月27日 00:15

生田斗真、清原果耶らの“家族像”に「ホッコリする」「癒やされる」の声…「俺の話は長い」3話

Photo by cinemacafe.net

生田斗真が屁理屈が上手すぎるニートを演じる「俺の話は長い」の3話が10月26日に放送。今回はハロウィンにまつわるエピソードと、亡くなった父への想いを巡る家族の物語が展開。人間味あふれるキャラたちに「ホッコリする」と視聴者からの声が上がっている。

コーヒーにはまり起業したものの失敗、6年間にわたり無職ニートを続けてきた岸辺満を生田さんが演じ主演。

家の建て替えのため実家に一時的に住んでいる満の姉・秋葉綾子に小池栄子。綾子の再婚相手で完全に尻に敷かれている夫・光司に安田顕。綾子の元夫の子どもで娘の春海に清原果耶。満と綾子の母親・岸辺房枝に原田美枝子。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
今回は房枝がもらったカボチャをポラリスでハロウィンの特別メニューにすると聞いて、カボチャを高額で転売しようともくろむ満は激怒。「ハロウィンに手を染めることを軽く考えすぎてない?」と噛みつく。満の屁理屈に押し切られた房枝が仕方なくハロウィンと謳わずにカボチャ料理だけを出すと言うも、しつこくカボチャを自分のものにしようとする満。一方、春海は自分をふった陸から“告白”される――という「カボチャと喫茶店」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.