くらし情報『「ホットペッパー」“アフレコCM”10年ぶり復活、砂の惑星で脱力系関西弁』

2019年11月19日 00:00

「ホットペッパー」“アフレコCM”10年ぶり復活、砂の惑星で脱力系関西弁

Photo by cinemacafe.net

映画のワンシーンのような映像に、関西弁でアフレコする「ホットペッパーグルメ」の新CMが、10年以上のブランクを経て復活。クスッと笑える計3本のCMが完成した。

2000年代にオンエアされたこのアフレコCMシリーズは、映画のワンシーンのような映像と声は関西弁という、映像と音声のギャップが話題に。シリーズ最初の2002年4月には、「スパゲティ食べたでしょ?」「食べてないよ」「ケチャップついてるやん!」「食べました!」というコミカルなやりとり展開。

そんな当時は話題となった本CMシリーズが、最後となった2007年から10年以上の時を経て復活。今回の舞台は、砂の惑星。荒野をひた走る車に、ピエロ風の男が外から運転席にしがみつき、主人公のドライバーと何やらやりとり…。

そこで、本格的なカーアクションと関西弁のやり取りが繰り広げられる。スリリングな2人の応酬を漫才の掛け合いに見立てた「漫才コンビ」篇、上司と部下のやりとりに見立てた「サラダ」篇、そして運転手と客の会話に見立てた「急いでます」篇の計3本が制作された。

なお、企画・アフレコは10年前のシリーズと同様、山崎隆明クリエイティブディレクターが担当した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.