くらし情報『第2のアーティスト誕生!? NYらしさ垣間見える『最強のふたり』本編映像』

2019年12月18日 17:00

第2のアーティスト誕生!? NYらしさ垣間見える『最強のふたり』本編映像

Photo by cinemacafe.net

フランス映画『最強のふたり』をハリウッドリメイクした『THE UPSIDE/最強のふたり』から、N.Y.が舞台の本作ならではの演出が施された本編映像がシネマカフェに到着した。

全てが真逆のふたりのギャップに笑い、まさかの友情が涙を誘う感動のストーリーはそのままに、ふたりが互いに影響を与えることでたどり着く<人生のアップサイド>とは何かを描き、オリジナル版とは異なる感動のエンディングが待つ本作。

舞台はN.Y.となっており、アメリカである点をうまく生かした演出が本作には多数登場。今回到着したのは、そのうちの1つを切り取った本編映像だ。

ブライアン・クランストン扮する現代アート好きのフィリップが、一見誰にでも描けそうなヘンテコな絵画を8万ドルで買ったのを目にしたデル(ケヴィン・ハート)は、自分で絵を描くことに挑戦。そして、いよいよ完成した作品を披露するときが!

デルの絵を見た人たちからは「燃える情熱を感じる」「ポスト・ポストモダン風」と控えめな誉め言葉が飛び、目の肥えたフィリップも「まったく予期してなかった」と言うと、「俺ってもしかして第2のバスクアかも!?」とすっかり舞い上がるデル。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.